奈良県」カテゴリーアーカイブ

奈良県大和郡山市 郡山城跡

郡山藩は、柳沢家15万石の近畿の雄藩
戦国時代は筒井順慶の所領であり、
その後は豊臣秀長増田長盛が入り、
関ヶ原の戦い後は、筒井定慶に与えられました。

大坂夏の陣の前哨戦である… 続きを読む

奈良県大和郡山市 小泉陣屋跡

小泉藩は、片桐且元の弟片桐貞隆を藩祖とし、
江戸時代を通じて片桐家が治めています。

2代藩主片桐貞昌は、茶人桑山宗仙に茶道を学び、
石州流茶道の祖として知られ、
将軍の茶道指南役にもなっており、
また、8代藩主片桐貞信も茶人として高名でした。… 続きを読む

奈良県御所市 櫛羅陣屋跡

増上寺における4代将軍徳川家綱の法要の席で、
乱心した鳥羽藩主内藤忠勝が、
宮津藩主永井尚長を殺害した増上寺刃傷事件
この事件で下手人の忠勝は切腹となり、鳥羽内藤家は改易
被害者の宮津永井家も喧嘩両成敗によって改易されました。

しかしこの事件は、忠勝が… 続きを読む

奈良県五條市 五條代官所跡

五條代官所は、大和国南部天領を支配した代官所で、
天誅組の変で襲われた代官所として知られています。


五條市役所」。
五條代官所のあった場所は、
現在五條市役所となっています。
代官所は代官を派遣して行政を行う役所でしたが、
その政務を行う役人と下働きの中間などがいる程度で、
軍事的には全く無防備の施設でした。
基本的に軍事は周辺の藩が担うものですので、
当たり前といえは当たり前なのですけどね。… 続きを読む