[中国地方(山口県除く)]」カテゴリーアーカイブ

広島県福山市 福山藩主阿部正方墓所

福山藩阿部宗家の歴代藩主は幕政に参加しており、
その殆どの期間を江戸で過ごしています。
従って藩主の歴代墓所は江戸にあって、
国許にはありませんでした。

老中首座を務めた7代阿部正弘が死去した後、
6代阿部正寧の長男阿部正教が家督を継ぎましたが、
正教は19歳と年若く病弱だった為に幕政には関与せず、
僅か4年で病死してしまいます。

そして9代には正教の弟阿部正方続きを読む

広島県福山市 福山城

元和5年(1619)、徳川家康の従兄弟であった水野勝成が、
長州藩、広島藩などの西国外様大名に対する抑えとして、
備後国備中国の計10万石を与えられました。
入封時に割り当てられた居城は神辺城でしたが、
神辺城は内陸でしかも何度も落城した城であった事から、
新規に城が建設される事となります。
一国一城令続きを読む

岡山県岡山市 國清寺(鴨方藩 生坂藩 池田家墓所)

國清寺池田宗家2代池田利隆が建立した法源寺を、
3代池田光政が祖父池田輝政、父利隆の菩提寺に定め、
寺名を輝政の法号に因んで改めたお寺です。
※輝政の法号は國清院殿泰叟玄高(高広)大居士。


山門」。
國清寺は岡山空襲続きを読む

岡山県岡山市 岡山城(西ノ丸西手櫓)

岡山城の現存建築物は、本丸跡月見櫓の他、
本丸跡より300m西側に西丸西手櫓があります。


岡山城西丸西手櫓」。
西ノ丸は藩主居館である西ノ丸御殿があった場所で、
この西ノ丸西手櫓はその西ノ丸にあった二階櫓。
大正期の岡山での禁酒運動の拠点であり、
空襲を免れた岡山禁酒會館続きを読む

岡山県岡山市 大光寺(足守藩木下家墓所)

豊臣秀吉の正室北政所の兄木下家定は、
関ヶ原の戦いで中立を保ち、
足守に2万5千石を与えられました。

家定の死後、幕府は遺領を長男と次男で分ける様に指示。
しかし長男木下勝俊が遺領を独占した為に、
次男木下利房がこれを不服として幕府に訴え、
勝俊は… 続きを読む