白石正一郎のお伊勢参り⑨(京都から大坂へ)

つづき。
////////⑨/

8月7日
明日出立のつもりで荷物を片付け、支度をする。
俵屋清兵衛が書物を持ってきたので買う。
大塚屋新兵衛に家賃を払う。額屋嘉兵衛が額を持参。
西陣の油屋十兵衛も来た。
夕方、興膳老人と知人の弘正方を招いて酒宴。
深夜まで飲んだ。
※いよいよ出立が近づいてきました。
 興膳老人の知人弘正方は、

 国学者で「松崎天神鎮座考」「水門集」などの著者。
 いったい興膳老人は何者だったんでしょうね。

8月8日
出立の支度。高瀬の問屋を呼んで荷物を送るように頼む。
尼崎屋太七の宿まで、一貫400文渡す。
出立し、興膳老人宅へ暇乞いのために立ち寄った。
老人より弟の廉作真兵衛宛てに手紙を預かる。
出立し三条を西へ進む。太秦太子堂はどうということもなく、
近くに秦の酒公の宮があった。
北へ行くと妙心寺という大きな寺があり、
寺堂が多く宮様の御所もある。
そこから西へ行くと広沢の池だが、
干上がっていて大したことはなかった。
嵯峨野の町は寂れており、大覚寺の宮様の御所もあった。
清凉寺もどうということもない。
それから天龍寺へ行き、大堤川のほとりに出る。
有名な嵐山が川の向こう側に見え、渡月橋が掛かる景色は格別。
しかし、橋は粗末であった。
近くの法輪寺には虚空蔵菩薩があり、
毎春13歳になるものが多く参るらしい。
そこへは行かず、松尾神社梅の宮へ参拝。
どちらも大きい社だった。
半里行くと桂の御所がある。三大名園に数えられる広い庭園だが、
一般人は拝見できない。万甚という宿に泊まる。
※興膳老人は白石の弟達に手紙を書いているところをみると、
 家族ぐるみの付き合いなのでしょう。
 秦の酒公の宮とは、大酒神社の事でしょう。
 太子堂、広沢の池、嵯峨野、清凉寺、渡月橋と辛評が続きます。
 現在の京都の名所も、この時期は寂れていたのでしょうか?



8月8日の行程。

8月9日
田の畔道を通って向日神社へ参拝。相当の大社であった。
六人部美濃守を訪ねる。
鈴木重胤の西遊の事や、本田長慎の事なと色々と話しをして、
非常に楽しい時を過ごした。短冊2葉を貰う。
弘正方より託った伝言も伝える。
その後、長岡天満宮に参拝。渡し場から橋本に渡り、
山道を通って石清水八幡宮へ参る。
それぞれ大社であった。橋本に戻って昼食。
対岸の高浜に渡り、川沿いを1里ばかり下って高槻城下に入る。
芥川を通り服部古孝の宿に泊まった。
※六人部美濃守(是香)は、向日神社の神主で国学者。
 平田篤胤の門下で、関西平田派の重鎮として知られました。
「顕幽順考論」「長歌玉琴」などの著者。



8月9日の行程。

8月10日
ことのほか疲れたので月代を整えて昼まで休憩。
昼食に鰻と酒が出る。今日は精進の日だったが食べる。
古藤利兵衛という隠居の家に行き、酒や絹織の話を聞き、
道具を見せてもらった。
宿の主人は丁寧なもてなしをしてくれ、
今日も泊まる事を進められたが、先を急いでいるので断った。
出掛けに西瓜を出してくれ、土産の練ようかんをくれる。
乗場船宿まで案内してもらい、淀川を下って大坂八軒屋に着き、
さらに下って尼崎に着き、尼崎屋太七の宿に泊まる。
※信心深いはずの白石ですが、鰻と酒の魅力には負けました。
 古藤利兵衛という隠居は、元織物職人とかでしょうか?



8月10日の行程。

つづく。

////////⑨/

■関連記事■
試撃行日譜①//////
 高杉晋作の遊学日記。
松陰の北浦巡視①/////
 吉田松陰の北浦巡視の行程。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。