白石正一郎のお伊勢参り⑤(東海道より京都へ)

つづき。
////⑤/////

7月10日。
早朝宿を出立。
宿の主人に貰った奈良漬を持っていく。
1里ばかり行って楠原。さらに1里行っての町。
関は東海道の宿場町で、ここから東海道である。
美景に絵師が筆を捨てたという筆捨峠を越えて坂の下
駕籠に乗って2里半、鈴鹿峠を越えて土山で昼食にする。
さらに2里半行って水口に入った。
ひのや金六の宿に泊まる。

7月11日。
午前5時頃宿を出て、3里で石部
さらに3里半で草津に入る。
藤屋松兵衛の宿で昼食。2里半行って瀬田
駕籠で2里半行って石山の柳屋某の宿に泊まる。
石山は賑やかで、旅籠は少し高いが酒は大量に出す
伊勢の八羽老人がそう言っていたが、
粗末でもてなしも悪い宿だった。
※宿も色々あるでしょうから、当たり外れがあったでしょう。
 安い宿に泊まるとそれ相応なのでしょうね。

7月12日。
石山寺を見物。素晴らしい景色でお寺にはもったいない。
川舟で瀬田の唐橋の下を通り、膳所の城を左に観る。
湖上を走って大津の町。
至って賑やかな町で、三井寺を見物した。
逢坂の関を越えて走井で昼食。名物の餅が美味かった。
午後3時頃に京都到着。三条の豊後屋友七の宿に泊まる。
※神道信仰の厚い白石が、珍しくお寺に行っています。
 しかし神社は「参拝」ですが、寺は「見物」ということで、
 観光として景色を見に行ったようです。
 「お寺にはもったいない」の言葉が面白いですね。
 走井の餅は、現在も売られている「走り井餅」でしょう。



7月10日から12日の行程。

これより京都滞在。26日間の長期にわたり滞在しています。

7月13日。
下男の由五郎大坂にやって荷物を取りに行かせる。
由五郎には他に綿屋長兵衛に預けた20両の受け取りや、
下関への手紙を急飛脚に出す事もことずける。
昼を過ぎると、茶漬けを持ってきたので、
宿賃はいくらか聞くと素泊2匁5分と、
朝夜付き3匁5分で昼食は別に1匁という。
お菜の数は言わないから安くするように言うと、
昼の茶漬け付き2匁5分でどうかという。
それならば宿貸2匁昼食5分で分けてくれと聞くと、
若い亭主が上がってきて、一泊二食付き2匁5分
昼食5分の計3匁にしてくれというので手を打った。
午後2時頃から支度して、妻と近場を見物しに出かける。
五条大橋近くで一盃飲んで帰った。
※さすが商売人ですね。しっかり値切っています。
 今までの旅先で、値段交渉をした様子はありませんでしたが、
 今回は長期滞在するつもりなので、これは当然でしょう。

つづく。

////⑤/////

■関連記事■
試撃行日譜①//////
 高杉晋作の遊学日記。
松陰の北浦巡視①/////
 吉田松陰の北浦巡視の行程。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。