白石正一郎のお伊勢参り⑦(京都滞在2)

つづき。
//////⑦///

7月21日
昼から興膳五六郎と外出。
三条通りで短冊、麹町で扇子を買う。
壬生寺嶋原東寺を見物。
嶋原で転進踊りを見ようとしたが、
時間が合わなかったようで見れなかった。
東寺では弘法大師の忌日で、
人が多く物売りも多く賑やか。
帰りに四条花遊軒で一盃。蓮飯を食べた。
※神道信者の白石ですが、京都では多くの寺を見物してます。
 転進とは遊郭で太夫の下のランクの遊女の事。
 東寺は毎月21日に弘法市という縁日がありますので、

 これに当たったのでしょう。

7月22日
弁当を用意して、興膳老人と知恩寺百萬遍を見る。
吉田神社真如堂光明寺をめぐる。
それから若王寺を見物。ここは7~8年前に開かれたそうで、
あまり人には知られていない景勝地。
行ってみると噂通りの名所であった。
夕方近くになり、光雲寺永観堂南禅寺を見る。

7月23日。
興膳家を訊ね、興膳老人と寺町へ。野立の茶道具を買い、
五条の茶屋で昼食を取った後、三十三間堂を見物。
焼物屋を見て帰った。
夜にまた出かけ、興膳老人と懇意な家を借り、
門院様の葬式を見る。
それから帰って老人と一盃。
※門院様とは高貴な女性の事。夜中の葬式ならば神道か?
 若しくは通夜だったのかも?

7月24日。
朝早く、寺町四条の綾小路角にある額屋嘉兵衛が、
三十六歌仙を持ってきたので、2両1分までなら買うと約束。
それから興膳老人と買い物に出かけ、
錫小茶入、白粉、水引などを買う。
祇園のニ軒茶屋東の中村屋で昼食。
昨日行った五条の焼物屋に再び行って、陶器を買おうとしたが、
夕方なので荷造りができないというので買わなかった。
帰路、大丸で真冬のえり12枚、布団2枚を買う。
夜に老人と四条の上田鍋屋で一盃飲んで帰る。
※三十六歌仙とは平安時代の歌の名人達の事ですが、
 それの歌集でしょうか?
 二軒茶屋東の中村屋とは、

 現在の「二軒茶屋 中村楼」の事でしょうか?

7月25日。
今日も興膳老人と買い物へ。
桐の茶箱20個、上えり2枚買う。
五条の焼物屋で陶器を買う。
昨日は夕方なので荷造りできなかったが、
朝なのですぐしてくれた。
東山で昼食。一盃飲んでいたら夕立になったので休憩。
高台寺の萩を見に行くが、時期が早く開花していなかった。
真葛ヶ原で煎茶一瓶と菓子を買い、
祇園四条橋で老人と別れる。
式部佐兵衛の店で眉剃毛を買う。
昨日来た額屋嘉兵衛の店で、
三十六歌仙を2両1分2朱に決め手付金を払う。
夜、蛸薬師素屋清兵衛の店で、守袋を注文。
帰ると下関から手紙が来ていた。
※すっかり買い物日記になっています。
 三十六歌仙を2朱高く買っていますが、

 良い品だったのでしょうか?

7月26日。
由五郎を三条の豊後屋に使いにやり、
伊勢藤田宰助が訊ねてきたら、
今住んでいる借家を知らせてくれるように頼む。
興膳老人と散歩へ。
花山院家家臣和田清記播磨風土記について聞きに行く。
和田は「当家の梅戸紀伊守が、吉田家の山田房之助と懇意で、
この人から鈴鹿某へ頼めば難なく借りられるだろう
」との事。
そこで山田家に行くが関東に旅行中で留守。
家人が「鈴鹿という家は何件もあるが、
できるだけ聞いて借りれたら、宿へ持参しましょう
と至って親切にしてくれた。
それから上鴨大明神へ参拝。とても大きな社で、
その前の茶屋で昼食。
鮎の煮しめにゴリの吸い物、珍しく至って結構。
帰路に今宮に参り、その後、大徳寺に行った。
境内は広く40も坊があり、
そのひとつ黄梅院大綱長老を訪ねる。
興膳老人にイギスを託り、自分も上酒2升の切手を持参。
茶菓子や酒飯をいろいろご馳走になる。
歌一首を詠んで差し上げると、
ことのほか気に入られ御懐紙色紙を戴いた。
御所を拝見したいと申し出ると「あなたは歌が詠めるので、
有栖川家門人となれは、御所は拝見できるだろう
」との事。
毎年お題を頂き詠草を送ると、
点を付けられるそうで、自分のを見せてくれる。
毎年正月と八朔に親王様に金2百疋、御清太夫に金百疋、
そして両家の玄関の取り次ぎの人に2朱ほど必要とのこと。
その他遠方の者は、その土地の物産を折々献上すれはよいらしい。
お望みなら参上したときに、宮様に申し入れておこうというので、
よろしくお願いした。夕方、大徳寺を退出。
夜は北野天満宮に参拝。夜半過ぎに地震があった。
※大徳寺の梅院大綱長老は、興膳老人と懇意の人物で、
 紫衣大僧正の高僧です。
 どうしても御所を拝見したい白石に、

 興膳老人が紹介したのでしょう。
 門人に必要な献金も書かれており、
 公卿の収入がこういうとこて得られているのがわかりますね。
 しかし、玄関の取り次ぎにまで金が要るとは・・・・。

つづく。

//////⑦///

■関連記事■
試撃行日譜①//////
 高杉晋作の遊学日記。
松陰の北浦巡視①/////
 吉田松陰の北浦巡視の行程。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。