白石正一郎のお伊勢参り④(伊勢神宮参拝から京都へ)

つづき。
///④//////

7月1日。
早朝出立。伊勢神宮も近く街道筋もにぎやか。
特に松坂は賑やかで海も近く、
生魚の売り物も多く繁盛している。
松坂の三池本家を見て、その建物の大きさに感心。
1里半歩いて櫛田で昼食。明星を経て宮川の渡しを通り、
高向辻太郎の宿で宿泊する。
※松坂は三井家発祥の地。商人の白石としては、
 その豪邸を見て何か感じるものがあったのでしょうね。

7月2日。
宿の手代に献供料200疋、
祈祷料白石夫婦分12匁と下男分6匁を渡し、
ほかに昨夜から明日の昼まで滞在費として肴代100疋と、
土産の煙草2玉、硯石の文鎮を渡す。
※土産を渡しているところをみると、知人の宿と思われます。
 硯石の文鎮とは、赤間硯の石で作った文鎮でしょう。

7月3日。
朝、沐浴のうえ身支度を整え外宮へ。
手代の案内で摂社、末社の全てに参拝。昼頃、高向の宿へ戻る。
お祓大麻箱入りお供え物、盃、短冊挟み、色紙を土産に貰い、
夕方頃に宇治山田孫福館太夫の宿に向かう。
神宮へのお供物料1両と、土産の煙草3玉、硯石の文鎮を渡す。
※孫福家にも土産を渡しているので、ここも知人の宿でしょう。

7月4日
朝、沐浴して内宮へ参拝。
念願の伊勢神宮参拝で有難さに感激。
孫福家より曳いてきた新馬1頭を奉納する。
長州豊浦郡赤間関竹崎浦白石正一郎藤原資興
同妻もと女献供云々、新馬云々
」との祝詞があり、
お供やお神酒を頂く。外宮より随分と丁寧だったので、
孫福氏が取り計らってくれたのだろう。
昼頃に帰り、西瓜を出されたので食べる。
八羽という老人が来て話し込む。
夕方より酒宴。夜は土産を買いに町に出た。
※馬を奉納したら、その馬はどうするのでしょうね?
 今でいえば車1台を奉納するようなもんですから、
 丁寧にされるのは当然の様な気もしますが、
 伊勢神宮レベルの献物としては普通なんでしょうか?

7月5日。
二見浦に向けて出立。
途中、妻が初めてだという朝熊山に登る。
頂上に虚空蔵菩薩があり、万金丹を買う。
元の道を下りて内宮茶屋という茶屋で弁当を食べた。
孫福氏の用意してくれた酒肴付の弁当である。
孫福氏は案内も一人付けてくれた。
午後4時頃に、二見浦の中井屋孫兵衛の宿に着く。
夕立から風雨雷鳴となり、
明日は日の出が拝めないだろうと宿の者が話していた。
※万金丹(萬金丹)は伊勢伝統の常備薬(胃薬)。
 今も変わらず売っている漢方薬ですね。



7月1日から5日の行程。

7月6日
夜明けに二見浦に出てみたが、
風雨で日の出どころか小屋が一件見えるだけ。
晴天なら富士山も見えるらしいが、今朝は見えず残念。
午後、孫福家に帰る。また八羽老人が来て話が弾んだ。
孫福氏も八羽氏も、ウニの塩辛が好物だそうなので、
来年必ず贈ると約束した。
※二見浦の有名な夫婦岩があります。
 せっかく夫婦で訪れたのに雨でした。
 ウニは下関の名物ですが、伊勢もウニは獲れるでしょうに。

7月7日。
京都へ送る荷物の準備をしていると、
八羽老人がやってきて頼んでいた短冊、色紙を貰う。
お礼をしたかったが何もないので、
煙草1玉と小さな朱硯をあげた。
孫福氏の夫人にも迷惑かけたので、
肴代100疋を出したところ丁寧な挨拶を受けて、
妻が白地の襟と縞糸一包料を頂いた。

7月8日。
孫福家を出立。
孫福家の下男が荷物を持って宮川まで送ってくれた。
明星で斎の宮の古跡に参拝。
2里進んで松坂の入口の天満宮に参る。
天満宮には本居宣長の顕彰碑があった。
本居宣長の著書を買おうと思ったが何もなく、
碑銘の拓本でも買おうと思ったが意外と高い。
値切ってみたが負けないので買うのをやめた。
近くの浄土宗の寺に宣長の墓があるので行ってみたが、
どこにあるのかわからなかった。
八羽老人によると現在の本居家は養子が紀州から来て、
学問をしない茶人でつまらぬ人物だという。
その本居家を訊ね、短冊を所望するが、
今日は留守だからお断りという。
それなら鈴の屋の鈴を拝見したいと言ったが、
それも留守だからできないとの事で残念。
六軒江戸屋に宿泊。
※高名な本居家も幕末には残念な状態のようです。
 天満宮は松坂神社の事か?宣長の墓は樹敬寺にあります。

7月9日
早朝出立。霧が濃い。
雲津で活きのよいボラを見たので、
早速せごししして一献。
そこからの町に入る。町はずれで昼食。
200文の駕籠に乗って1里進み久保田(窪田)、
100文の馬に乗って1里半進み椋本に到着。
ヱビス屋五郎八の宿に泊まる。
※肴に一献に目が無い白石。
 同行する奥さんも呆れてるでしょうね。
 駕籠と馬では駕籠の方が高いんですね。
 金額なども記載されているのが白石日記の面白いところ。



7月8日から9日の行程。

つづく。

///④//////

■関連記事■
試撃行日譜①//////
 高杉晋作の遊学日記。
松陰の北浦巡視①/////
 吉田松陰の北浦巡視の行程。
伊庭八郎の征西日記①////////////
 伊庭は講武所剣術方として徳川家茂上洛に随行。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。