久留米藩」タグアーカイブ

防府市 大楽源太郎墓所

大道から秋保に向かう県道25号線に平行に走る小道に、
大楽源太郎の墓所への入り口があります。


大楽源太郎先生墓所入口」。
これ行けるの?というけもの道のような入口。
奥もずっとけもの道のようになっていますが、
迷わずにたどり着けます。


少し行くと3つの墓石が並ぶ場所が現れますが、
そのひとつが大楽源太郎の墓。… 続きを読む

防府市 繁枝神社(大楽先生之碑)

山口県防府市に営業に行ったので、
大楽源太郎の関連史跡に何件か行ってみます。
当日は残念ながらが降っていました。

大楽源太郎という人物は、神代直人の師だった事もあり、
狂信的攘夷論者の親玉というイメージでしたが、
吉田松陰より2歳下で、桂小五郎より1歳上と意外と若い。
※松蔭より4歳下、桂より1歳下の説も。
久坂玄瑞ら松蔭門下や赤禰武人とも交友しており、… 続きを読む

福岡県久留米市 山川招魂社

久留米市にある山川招魂社に行ってみました。
久留米の幕末志士といえば、
水天宮の神官で過激な尊攘活動家真木和泉

彼によって久留米藩では水戸学(天保学)が盛んとなり、
天保学連」と呼ばれた尊皇攘夷の一派が生まれました。
しかしながら藩内門閥派との抗争によって弾圧され、
「天保学連」は壊滅。久留米藩は佐幕派によって運営され、
真木ら尊攘派は10年に及ぶ蟄居処分となる。
この事件は… 続きを読む

天誅組以前の中山忠光⑥

/////⑥

中山忠光が再び下関にやってくると、
これを好機としたのが久坂玄瑞でした。

京都で活動していた久坂ら尊攘志士30余人らは、
攘夷期限が決定されると下関に向かい、
攘夷戦に参加しようとします。
ですが京都では… 続きを読む

福岡県久留米市 遍照院(高山彦九郎墓所)

高山彦九郎は、幕末より少し前の勤皇思想家です。
京都三条大橋東詰の土下座(正確には皇居望拝)した銅像で有名。

高山は孝明天皇の2代前の光格天皇の時代、
尊号一件と呼ばれる事件で、朝廷と幕府が対立した際に、
九州を拠点に同志を募りますが、久留米で謎の自刃を遂げます。
その彦九郎の眠る墓が遍照院にあります。


光明山遍照院続きを読む