家老家」タグアーカイブ

宮城県石巻市 西光寺(真田喜平太墓所)

真田幸村(信繁)の系譜が仙台藩士として続き、
幕末の当主真田喜平太幸歓は西洋砲術を学び、
開明派の藩士であったという。
この真田喜平太の墓碑が石巻西光寺にあります。


西光寺」。
浄土宗の古刹で創建は鎌倉時代中期という。… 続きを読む

宮城県大崎市 満徳寺(戊辰戦役招魂之碑)

人取橋の戦いで殿を務め、
父が討死する程の激戦で伊達政宗を逃がし、
この功によって正宗に信頼された鬼庭綱元
後に豊臣秀吉との折衝役も務め、
秀吉からも気に入られています。
※秀吉に「鬼が庭にいるのは縁起が悪い」と
 以後茂庭に改姓させられています。

しかし秀吉に気に入られ過ぎた為に正宗に疑われ、
正宗に無理やり隠居されられてしまいました。
その際の隠居料100石、隠居料以外の収入を得た場合、
次代… 続きを読む

下関市長府 功山寺(長府藩家老三吉家墓所)

長府藩家老三吉家は主席家老細川家に次ぐ次席で、
吉見庭田など1500石を領していました。
※長府藩家老家は他に、三澤家、伊扶家、桂家、
毛利家、田代家、西家。

三吉氏は元々備後の国人で、尼子家大内家に従属しましたが、
大内家が滅ぶと… 続きを読む

山形県山形市 水野三郎右衛門関連史跡

山形藩筆頭家老水野三郎右衛門元宣は、
藩主不在の山形藩をまとめて、奥羽越列藩同盟に加盟。
秋田戦争などで新政府軍と戦い、
敗れた後は自ら首謀者としてその責を背負い、
新政府軍によって処刑されました。

列藩同盟への参加、新政府軍への降伏、
そして自らが全責任を負って処刑された事など、
三郎右衛門による適切な判断の結果、
山形城下は結果的に戦火を免れています。
これは三郎右衛門の功績であると、
山形では郷土の恩人続きを読む

山形県天童市 吉田大八関連史跡

吉田大八守隆は江戸家老吉田守寛の子の生まれ、
15歳で家督を継ぎ、大目付武具奉行
藩校養正館督学などの要職を経て中老に昇格。
当時の天童藩は慢性的財政難に苦しんでおり、
下級藩士ほど生活は苦しく貧窮にあえいでいたという。

大八は藩士の救済策の一つとして将棋駒の製作続きを読む