家老家」タグアーカイブ

福井県越前市 龍泉寺(福井藩附家老本多家墓所)

龍泉寺福井藩の附家老越前府中本多家の菩提寺。
応安元年(1368)に越前守護藤原義晴が創建し、
開山の通幻禅師の遺命により、
各地に散った弟子達が輪番制で住職を務め、
これが江戸時代中期まで続きます。
※この輪番制で福井を訪れた住職らは、
 大本山である
続きを読む

福井県越前市 越前府中城跡

御附家老将軍家一族大名となる際、
将軍家の譜代家臣より付けられる家老で、
藩主の教育、藩の運営、幕府との調整を行い、
藩政を担う重要なポジションなのですが、
家老となる事で直参から陪臣へと家格が下がる為、
実に割を食う役割といえます。

このような役割を担う為には… 続きを読む

宮城県大崎市 岩出山要害跡

仙台藩一国一城令の例外として、
藩庁の青葉城(仙台城)の他に白石城を持ち、
さらには21の要害と呼ばれる城がありました。

一国一城令ってのは結構で、
令制国なのか大名領国なのかも曖昧。
例外に1,2の… 続きを読む