家老家」タグアーカイブ

三重県度合郡 田丸城跡

田丸城南北朝時代に築かれた城で、
北畠親房による築城とされます。
足利尊氏に攻め落とされていますが、
室町時代に再建されており、
北畠政郷の四男顕晴田丸姓を名乗り、
以後は田丸家の居城としていましたが、
戦国時代の城主田丸直昌が、… 続きを読む

三重県度会郡 大得寺/田丸城主久野家墓所

大得寺は玉城町田丸にある浄土宗の寺院。
元々は遠江国周智郡で創建されたお寺で、
久野家の菩提寺となっていましたが、
当主久野宗成徳川頼宣家老となって、
田丸城を与えられた事により、
久野家と共に田丸に移転しました。


山門」。… 続きを読む

熊本県八代市 春光寺/松井家墓所(旧廟)

春光寺は八代市古麓町にある臨済宗の寺院。
熊本藩筆頭家老松井興長八代城に入城し、
以後は松井家が城主となっていますが、
松井家は北の丸泰勝院宗雲寺と改称し、
松井家の菩提寺としていました。
その後に… 続きを読む

石川県金沢市 開禅寺/長家墓所

開禅寺は金沢市野町にある曹洞宗の寺院。
寛正元年(1460)に越中国守山に建立され、
慶長4年(1599)に金沢に移転したという。
加賀八家のひとつ長家の外護を受け、
長家の位牌寺として新保に移転し、
三間道を経て現在地に移転しています。


本堂」。… 続きを読む

石川県七尾市 東嶺寺/長家墓所

長家は能登国穴水の国人で、
室町時代より能登畠山家の家臣となり、
19代長続連畠山七人衆の一人として、
能登畠山家中随一の勢力を誇りました。
しかし上杉謙信の能登侵攻が始まると、
七尾城に籠城して一度は撃退しますが、
二度目には親上杉派の遊佐続光続きを読む