山縣有朋」タグアーカイブ

カエルを食べたかった晋作

高杉晋作の好物といえば「」。
妻のや愛人のうのが、
鯛のあら煮長州鮨鯛の刺身鯛の塩煮など、
鯛に関するものを挙げていますので、
相当鯛が好きだったと想像できます。

日記や手紙などが多く残されている晋作ですが、… 続きを読む

下関市吉田 東行庵の手栽の碑

晴天の休みの日。
色々と史跡を訪問したりしたいのですが、
先立つものが無ければ遠くに行けない。
そこで久々に東行庵に行ってみました。


東行庵」。
東行庵は、いつ行っても季節の花々が咲いています。


東行池には錦鯉が泳いでいますので、
子供達も退屈じゃない。


高杉晋作像」。
久々ですがまだまだピカピカですね。
変な言い方ですが、早く劣化しないかなって思う。
銅像は… 続きを読む

東行庵の山縣有朋像(昔の)

東行庵には現在、山縣有朋の銅像が建てられています。
平成27年4月14日の東行忌に除幕されたもので、
若き日の名である山縣狂介像と題されました。


山縣狂介(有朋)像」。
東行庵の前身は、吉田に建てられた山縣の草庵「無鄰菴」で、
その草庵を晋作の菩提を弔う梅処尼(うの)に贈ったもの。
「無鄰菴」の名の由来はこの草菴に隣家が無いということ。… 続きを読む

山縣の結婚式の日に晋作が危篤となる

慶応3年4月。山縣狂介(有朋)は、
湯玉庄屋石川良平の長女お友と結婚。
※石川良平は後に下関市長となっています。
婚礼は4月11日より始まり、
12日には宴が開かれました。
婚礼の場所は正確には判っていませんが、
下関でも吉田でも無い場所なので、
石川良平宅ではないかと思われます。

その石川良平宅の場所が、
イマイチよくわからない。

豊浦町史二「宇賀の今昔」に、… 続きを読む

山城屋和助

誘惑に弱い人というのは結構いるもので、
現在でもギャンブル等にハマって、
どうしようも無くなるロクデナシはいるものです。
奇兵隊出身の商人山城屋和助は、そういう人物でした。


山城屋和助野村三千三)。… 続きを読む