岡山藩」タグアーカイブ

岡山県岡山市 曹源寺(正覚谷池田家墓所)

岡山藩池田家の歴代墓所は、
和意谷池田家墓所正覚谷池田家墓所の2つ。

和意谷の方は儒式の墓所で、
姫路藩初代池田輝政、2代池田利隆
岡山藩初代池田光政、8代池田慶政、9代… 続きを読む

岡山県浅口市 鴨方陣屋跡

岡山藩には江戸期を通して3つの支藩がありましたが、
3藩とも藩庁は置かれず、藩主は岡山城下に居住し、
藩名はどれも「岡山新田藩」でした。

3藩のうちの1つは早期に廃藩しましたが、
他の2藩は廃藩置県まで存在し、維新後に藩庁を置いて、
それぞれ「生坂藩」「鴨方藩続きを読む

岡山県倉敷市 東雲院(生坂藩仮藩庁)

岡山藩の支藩は2つあって、どちらも岡山新田藩
藩は大概が藩庁のある地(国持なら国)の名が付けられます。

新田藩の多くは本藩の蔵米支給で成り立つ藩であり、
実際は「1万石以上」という大名の称号を得るための方便で、
宗家がその分家を諸侯にするため「1万石以上」を与え、
領地を分与して宗家の家格を下げないように、
新田開発によって生じた増益分続きを読む

鳥取県鳥取市 鳥取城跡

鳥取藩は、因幡伯耆2国(現在の鳥取県)領有した大藩。
藩主家の池田家は外様大名ですが、
幕府より準親藩の扱いを受けました。

織田信長の重臣池田恒興は、
信長亡きあと小牧・長久手の戦い羽柴秀吉続きを読む

岡山県岡山市 岡山城

岡山城は、宇喜田秀家によって築城された平山城。
秀家は豊臣家五大老のひとりでしたが、
関ヶ原の戦い西軍であったために改易され、
同じく関ヶ原の戦いで、
西軍から寝返った小早川秀秋が岡山城に入ります。

しかし秀秋は2年後に早逝してしまい、
無嫡であった為に小早川家は断絶。
代わって池田輝政の次男… 続きを読む