津和野藩」タグアーカイブ

島根県鹿足郡津和野町 森鴎外&西周旧宅


太皷谷稲成神社」を参拝後、ラッキーな事にSLを見れました。
土日祝は、新山口~津和野間をSL「やまぐち号」が走ってます。
大きな汽笛と蒸気機関の音が、大迫力でしたね。


森鴎外は「舞姫」で知られる小説家ですが、翻訳家でもあり、
陸軍省医務局長という軍医最高位にもなった軍医でもあります。
森鴎外の旧宅は、津和野の武家屋敷から少し離れていますので、
歩いて来るには少々難ありですね。
電車で来られた方は貸し自転車をお勧めします。… 続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 太皷谷稲成神社


津和野といえば「太皷谷稲成神社」。日本五大稲荷のひとつ。
全国各地にある「お稲荷さん」の中で、唯一「稲成」と表記します。


「お稲荷さん」といえば千本鳥居ですが、
ここにも千本鳥居がございます。本当に約1000本あるそうです。
伏見稲荷大社の千本鳥居が約800本なので(稲荷山全体では約1万本)、
その長さに驚きます。


遠い・・・長い・・・しんどい・・・(笑)。


千本鳥居を登りきると「本殿続きを読む

島根県鹿足郡津和野町 殿町通り

津和野町津和野藩の城下町で、
山間の小さな盆地に武家屋敷の町並みが広がる「小京都」として知られます。

津和野藩は、幕長戦争では中立の立場を取ったが、実際には長州軍通過を容認し、
藩士も長州藩と行動を共にしたものも少なからずいました。
そういったわけで、結果的には新政府内に人材を送り込むことになっています。


現在も当時の建物が多く残されており、情緒ある町並みが楽しめ、
小さな町ながら観光地としての魅力があふれています。
写真は「役場津和野庁舎」。


藩校「… 続きを読む