漫画」タグアーカイブ

「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・

ちるらん 新撰組鎮魂歌」を読んだ。
といっても、14~18巻のみ。
出張での宿泊先にある漫画本を寝る前に読んだだけ。
全部読んでたら次の日の仕事に支障が出るので・・。

土方歳三が主人公の新撰組マンガなんですが、
気にはなりつつ機会が無かった為、今回読んだのが初です。
物語は少年マンガらしくスピーディーに展開し、
土方ら隊士達が超人的な技を駆使して戦うタイプのお話。
もちろんこんな説明ではファンは怒るでしょうが、
史実にも則りながら、アレンジを加えた物語ですので、
なかなか面白い作品だと思います。

で、この「ちるらん」には高杉晋作も登場します。… 続きを読む

「兵馬の旗」かわぐちかいじ

かわぐちかいじといえば、
沈黙の艦隊」や「ジパング」などミリタリー漫画・・。
と思いきや、意外と色々な作品かあるようです。
特に歴史モノも多く出しているようで、
現在も源平を描いた作品を連載中。

そのかわぐちかいじが、
戊辰戦争を描いた作品が「兵馬の旗」です。

主人公は架空の人物宇津木兵馬
幕府旗本の次男坊で、
ロシア留学時にロシア貴族… 続きを読む

「幕末紅蓮隊」本宮ひろ志

本宮ひろ志の漫画は、僕個人のイメージとして、
主人公が
うおおおおおおおお!!」って叫んでるって感じ。
(ファンの方ごめんなさい)
たまたまかも知れませんが、
僕が読んだ漫画は強引に終了したものが多く、
面白かっただけに、読むんじゃなかったと後悔する。
それだけにあまり手に取らなかった漫画家の一人。

なんだか最近、出張でホテルが無く、
ネットカフェ泊まりというパターンが多く、
漫画を読む機会が増えています。
幕末モノをさがしていて、
この「幕末紅蓮隊」を手に取りました。… 続きを読む

「二本松少年隊物語 霞の天地」東雲さくら×まきお

二本松からの帰り、二本松駅で電車を待つ間、
駅の観光案内所にこの本があったので買ってみました。


「二本松少年隊物語 霞の天地

色々な幕末を題材にした漫画を読んではいますが、
これが僕の中のベストとなりました。
二本松戦争のエピソードを良く理解し、
丁寧に描かれており、二本松少年隊を理解する上では、
この漫画だけで十分事足りると思う。
もちろん漫画としても優れており、
ストーリー構成も抜群で読み終えた後には、
とても切なくなりました。

それほど高クオリティの作品ですが、… 続きを読む

「赤い鳩 アピル」小池和夫×池上遼一

地方のビジネスホテルに泊まると、
漫画を置いている場合があります。
そこのオーナーか従業員のチョイスなんだろうけど、
たまに本棚に並ぶ漫画を除いてみて、
幕末モノだったりするとつい全巻読んじゃって、
寝不足で現場に行っちゃうってパターンも・・・。
(もちろん安全には十二分に気を付けています)


で、今回読んだのが「赤い鳩 アピル」。
前に新撰組漫画を調べた時(記事はこちら)、… 続きを読む