相馬大作事件」タグアーカイブ

秋田県大館市 相馬大作事件之地

盛岡藩士下斗米秀之進が、
弘前藩主を狙った暗殺未遂事件。
下斗米が相馬大作と名を変えて潜伏していた為、
相馬大作事件と呼ばれています。

吉田松陰はこの事件に強い影響を受けていたようで、
30年後の東北遊学の際に暗殺未遂の現場を訪れて、
案内人に暗殺が成功したかを訪ねています。
※ただ松陰は場所を勘違いしており、
 矢立峠が現場であるとしています。

暗殺は失敗しているとわかっているはずですが、
わざわざ聞いたのは、どうしてでしょう??… 続きを読む

岩手県盛岡市 盛岡城跡

盛岡城盛岡藩南部宗家20万石の居城。
南部家は鎌倉時代の武将南部三郎光行を祖とする名門で、
宗家の三戸南部家は南北朝時代より陸奥で勢力を伸ばし、
室町戦国時代には陸奥北部最大の勢力となっていました。
天下の気勢が豊臣秀吉に傾き小田原征伐続きを読む