福岡藩」タグアーカイブ

福岡県福岡市 西公園(平野國臣像)

福岡市中央区の西公園平野國臣の像があります。
西公園は荒津山一帯を公園化したもので、
江戸時代には東照宮が建てられていたそうですが、
維新後に廃社となりました。

その後の明治14年に荒津山公園として整備され、
明治33年に西公園と改められた後、
黒田長政の祀る光雲神社が遷座されています。

大正期に平野國臣と福岡藩勤皇派家老加藤司書続きを読む

福岡県北九州市 中ノ島砲台跡

洞海湾によって隔てられている北九州市の若松区戸畑区
その名のとおり洞窟のように深く長い湾で、
現在は若戸大橋若戸トンネルが通じていますが、
当時は相当の大周りをしなければなりませんでした。


若戸大橋」。
昭和37年に開通した赤い吊り橋で、
完成当時は東洋一だったようです。
関門橋より古いんですね。… 続きを読む

福岡県宗像市 五卿西遷之遺跡

長州より海を越えて九州に入った三条実美五卿は、
赤間宿の御茶屋(本陣)に25日間滞在しています。

赤間宿では福岡藩家老加藤司書が出迎えたのですが、
加藤は帯刀し、御茶屋には竹矢来が組まれていました。
※囚人が逃げないようにする柵。
貴人にとって礼節を欠いた行為に五卿らは憤慨し、
薩摩藩に不満の手紙を出します。
これを読んだ… 続きを読む

福岡県宗像市 早川勇顕彰碑

宗像市役所 吉武地区コミュニティ・センターの手前に、
早川勇の顕彰碑があります。


維新之志士 早川勇顕彰碑」。
早川は遠賀郡の農家に生まれ、
月形洗蔵の叔父である月形春耕に学び、
福岡藩医板垣養永に医学を、
洗蔵の父月形深蔵に儒学を学びました。… 続きを読む

福岡県宮若市 犬鳴御別館跡

海岸線に所領がある諸藩の多くが、海側に築城していますが、
これはとても理に適っていました。
海運という非常に迅速な交通・運搬の行える交通手段が使え、
内陸の領地から米や物産をを使って、
下流の城に運びこむ事も出来ます。
流通が便利だということは財政を大きく左右しますので、
必然的に海側に城が集まってくることになる。

また防備の面においても海に面していると非常に有利で、
海が天然の巨大な堀の役目を果たしますので、
海側に兵を裂かなくても良いという利点もあります。

福岡城もそういった城のひとつで、
筑前入府の際に… 続きを読む