高杉晋作」タグアーカイブ

山口県萩市 高杉晋作草庵跡地顕彰碑

過激な行動を藩に咎められた為に、
高杉晋作10年の休暇を願い出て認められ、
に帰って隠遁生活を始めます。
京都周布政之助に10年早いと言われた為、
ならば10年間暇を頂く」となったようで、
これが藩に正式に認められる事となりました。
藩からすれば過激な行動を続けさせるより、
10年暇を与えてでも阻止したかったようで、… 続きを読む

山口県萩市 吉田松陰墓所【再訪】③

//③

続いては門下生など。

東行暢夫之墓」。
高杉晋作の本墓は東行庵にありますが、
ここには胎髪臍の緒が納められています。
晋作の葬儀は慶応3年4月16日夜に、… 続きを読む

下関市今浦町周辺 竹崎浦 今浦 伊崎浦

赤間関宿があったのは現在の唐戸周辺ですが、
新地会所白石正一郎小倉屋など、
意外と重要な史跡が集まっている下関駅西側。
現在の感覚では不便な位置のようですが、
勿論当時は下関駅はありませんし、
何より彦島に伸びる大和町もありませんでした。… 続きを読む

山口県防府市 防府天満宮【再訪】

天満宮菅原道真を祀る神社。
道真の死後に雷、大火、疫病等、
平安京で天変地異が相次いで起こり、
道真に敵対した者の多くが、
清涼殿の落雷等で死亡した事から、
道真の怨霊が雷神となったと考えられ、
天神として祀られるようになったもので、
全国に約1万2千社もあるという。

防府天満宮は道真死後翌年の創建で、
日本初の天満宮である事から、
総本社の… 続きを読む