東京都台東区 谷中霊園/大野右仲墓所

天王寺墓地にある大野右仲の墓。
※正確には谷中霊園ではありませんが、
 寛永寺墓地、天王寺墓地も含め、
 谷中霊園として記事にしています。

大野右仲といえば高杉晋作の友人ながら、
後に箱館新選組の隊士となっており、
土方歳三と共に戦った稀有な人物です。


大野氏累代之墓」。
唐津士族大野家の累代墓。
右仲は儒学者大野肯堂の長男で、
父が藩校盈科堂の教授として招聘された際、
父子共に唐津藩の藩士となっています。
江戸に出て昌平坂学問所に学んでおり、
その際に同じく学んでいたのが晋作で、
二人は馬が合って友人となったという。
晋作が北関東への遊学の出る際、
桂小五郎久坂玄瑞等の長州藩士らが、
見送りに駆け付けていますが、
その中で唯一唐津藩士として参加したのか、
この大野右仲(又七郎)でした。
長州藩士らの見送りに唯一参加するのは、
結構度胸がいるものでしょうし、
普通は遠慮するもの。
勿論晋作の紹介で面識はあったかもですが、
やはりそういう席に参加するのは、
親友との別れの席だったからでしょう。
試撃行日譜によれば見送りの連中を、
 皆予、平生の真の知己なり
としています。
後に唐津藩世子小笠原長行は、
幕長戦争で征長軍の指揮を執っており、
唐津藩と長州藩は敵同士となりますが、
この間の右仲の動向については不明。
しかし右仲は長行と非常に近しく、
長行と共に箱館まで戦っており、
新選組に加入して頭取となり、
後に土方歳三の補佐を務めました。
箱館戦争末期の明治2年5月11日。
右仲は土方と共に一本木関門へ向い、
その後に土方と別れて戦っていましたが、
千代ヶ岡陣屋へ撤退した際、
土方の戦死を知らされています。
大野は相馬主計に土方の死を伝えたともされ、
相馬と共に弁天台場で戦った後に降伏。
謹慎処分を受けた後に許された後、
明治政府に出仕しており、
久美浜県豊岡県権参事を務め、
以後は各地の郡長警部長を歴任しました。
明治26年、死去。

墓所は天王寺墓地。

■関連記事■
試撃行日譜①
 右仲は試撃行へ向かう晋作を見送る。
佐賀県唐津市 唐津城
 唐津藩小笠原家の居城跡。
東京都日野市 石田寺/土方歳三墓所
 新選組副長土方歳三の墓。