鹿児島県鹿児島市 薩摩街道終点


薩摩街道江戸時代に整備された脇街道で、
山家宿始点として鹿児島城下に至る道。
薩摩藩内では出水筋と呼ばれ、
領内の主要街道となっていましたが、
出水筋ではなく薩摩街道というからには、
[薩摩街道=薩摩への道]なわけですので、
薩摩側が終点としてこのブログでは考えます。


鹿児島市街周辺。
緑の線が薩摩街道(出水筋)です。


市役所西口交差点」。
下町札の辻市役所別館近くにあったとされ、
たぶんこの交差点辺りが下町札の辻跡
一応ここが起点と考えますが、
鶴丸城御成門前という考え方もあります。


街道筋」。
県道25号を南方向に進むと、
道はそのまま県道24号に変わり、
真っすぐ進んで甲突川へ。
西田橋を渡ると西田本通りとなって、
そのまま西側に街道は続きます。
市街ですので面影は殆どありません。

■薩摩街道の宿場町

■関連記事■
鹿児島県日置市 伊集院宿跡
 薩摩街道の22番目の宿場跡。
鹿児島県いちき串木野市 市来宿跡
 薩摩街道の21番目の宿場跡。
鹿児島県いちき串木野市 串木野宿跡
 薩摩街道の20番目の宿場跡。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です