投稿者「kii」のアーカイブ

兵庫県姫路市 法性寺(安志藩小笠原家墓所)

安志藩小笠原家の領内菩提寺は法性寺
小笠原長興安志藩に封じられた際に建立され、
小笠原家の庇護を受けて隆盛し、
廃藩後も規模を縮小しながら存続しています。


法性寺本堂」。
本尊は木造薬師如来座像
堂内には藩主一族の位牌が安置されているという。
老朽化の為に鉄筋コンクリート製に建て替えられています。

歴代藩主のうち領内で死去したのは、
2代… 続きを読む

兵庫県姫路市 安志陣屋跡

小笠原宗家の小笠原秀政と長男小笠原忠脩は、
大坂夏の陣天王寺の戦いで壮絶に戦死。
忠脩の遺児小笠原長次が幼少であった為、
家督は秀政の次男小笠原忠真が相続します。
長次は忠真の許で養育された後、
別家に興されて龍野藩6万石に封ぜられ、
後に… 続きを読む

兵庫県佐用郡 乃井野陣屋跡

津山藩森家は18万6500石を誇っていましたが、
5代藩主森衆利が乱心したという理由で改易。
後に西江原藩2万石で再興していますが、
※後に赤穂藩へ再転封。
津山藩より新田を分地されていた一族の森長俊も、
そのあおりを受けて三日月藩へ移されています。

森長俊は領地入りして… 続きを読む

兵庫県佐用郡 高蔵寺(三日月藩主森快温墓所)

三日月藩森家の菩提寺である高蔵寺は、
行基によって創建されたという由緒を持ちます。


高蔵寺」。
後醍醐天皇元弘の乱隠岐に配流された際に、
ここに立ち寄って再起の戦勝祈願を行ったという。
森家が三日月に入封されると菩提寺に定められ、
霊廟三重塔続きを読む

兵庫県佐用郡 常勝院(三日月藩主森俊滋墓所)

兵庫県西端内陸部にある佐用町大畑は、
ぶどう栽培などが行われている小さな集落で、
壇之浦の戦いに敗れた平知盛の子平知忠が落ち延び、
ここに住み着いたと伝わります。


兵庫県佐用郡佐用町周辺(常勝院の場所)。

この佐用町大畑に三日月藩9代藩主森俊滋の墓所があり、
また知盛を慰霊する五輪塔もありました。

「… 続きを読む