幕末維新関連の書籍」カテゴリーアーカイブ

「明治維新という過ち」原田伊織

今更ながら「明治維新という過ち原田伊織をしっかり読んだ。

この本の批判は多いが賞賛している人もいる。
大体が政治がらみの評論家やブロガー達から・・・・。
敵を倒すにはどんな手でも使う。吐き気がしますね。

この本は~日本を滅ぼした吉田松陰と長州テロリスト~
というサブタイトルが付けられています。
テロ=悪」の前提で書かれているこの本は、
作者の大先輩で尊敬しているという司馬遼太郎がいう
桜田門外の変だけは歴史を躍進させたという点で例外・・続きを読む

「彰義隊」吉村昭

久々に小説を読もうと図書館に行きました。
何の予備知識も無しに「彰義隊」というタイトルで決定。
彰義隊についてはまだまだ知らない事が多いので、
入門編として小説から入ろうという思惑です。

吉村昭という作家の作品は初めてですが、
大沢たかお主演映画「桜田門外ノ変」の原作者ですので、
ちょっと期待して読み始めました。

・・・・が、読んでみてびっくり!!
彰義隊の小説ではなかった・・・・。


彰義隊」吉村昭… 続きを読む

「ちるらん」を読んだら晋作がGODだった・・・

ちるらん 新撰組鎮魂歌」を読んだ。
といっても、14~18巻のみ。
出張での宿泊先にある漫画本を寝る前に読んだだけ。
全部読んでたら次の日の仕事に支障が出るので・・。

土方歳三が主人公の新撰組マンガなんですが、
気にはなりつつ機会が無かった為、今回読んだのが初です。
物語は少年マンガらしくスピーディーに展開し、
土方ら隊士達が超人的な技を駆使して戦うタイプのお話。
もちろんこんな説明ではファンは怒るでしょうが、
史実にも則りながら、アレンジを加えた物語ですので、
なかなか面白い作品だと思います。

で、この「ちるらん」には高杉晋作も登場します。… 続きを読む

「その男」池波正太郎

以前、映画「狼よ落日を斬れ」を紹介しましたが、
(記事はこちら
池波正太郎の「その男」は、その原作です。

架空の人物を主人公とし、実在する志士らと絡ませた物語で、
主人公の杉虎之助は、旗本の嫡男ながら継母に虐げられて、
それを苦に身投げしますが、旅の剣士池本茂兵衛に助けられる。

強くなりたいと池本の弟子となり、虎之助は江戸を離れます。
池本について色々な場所を旅し、修業をかさねるのですが、
その間、池本はたまに不審な行動をすることがある。… 続きを読む

「兵馬の旗」かわぐちかいじ

かわぐちかいじといえば、
沈黙の艦隊」や「ジパング」などミリタリー漫画・・。
と思いきや、意外と色々な作品かあるようです。
特に歴史モノも多く出しているようで、
現在も源平を描いた作品を連載中。

そのかわぐちかいじが、
戊辰戦争を描いた作品が「兵馬の旗」です。

主人公は架空の人物宇津木兵馬
幕府旗本の次男坊で、
ロシア留学時にロシア貴族… 続きを読む