大阪府」カテゴリーアーカイブ

大阪府茨木市 郡山宿跡

郡山宿西国街道の宿場町。
京都から西宮までの山崎道の中間に位置し、
重要な役割を果たしていたようです。
元々は郡山城の城下町だったようですが、
その郡山城については不明な部分が多く、
郡山宿の成り立ちもよくわかりません。


大阪府茨木市郡山周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場だった場所。


郡山宿跡続きを読む

京都府京都市 島原花街跡

島原花街は江戸初期の公娼地六条三筋町が、
寛永18年(1641)に朱雀野に移転させられ、
その移転騒動が島原の乱のようであった為、
島原と呼ばれるようになったという。
揚屋茶屋芸妓を抱える置屋に分かれ、
娼妓続きを読む

京都府乙訓郡 山崎宿跡

山崎宿西国街道の1番目の宿場町。
天王山淀川に挟まれた細長い場所で、
摂津国山城国の境に位置します。


乙訓郡大山崎町周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸から赤丸の間が山崎宿。
東西の端に黒門が設置されていたようで、
宿場内の治安を維持していたようです。

西側より散策。

「… 続きを読む

大坂府高槻市 芥川宿跡

芥川宿西国街道の2番目の宿場町。
芥川は元々摂津国人芥川氏の本拠で、
城館が置かれていたという。


高槻市芥川周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。
JR高槻駅前の商店街を抜けた所にあります。


芥川仇討ちの辻」。
商店街の端にある寿司八百鶴にある説明板。
藤家会津藩続きを読む

大坂府箕面市 瀬川宿跡

瀬川宿西国街道の4番目の宿場町。
公式には瀬川宿となっていましたが、
宿場は瀬川村と隣接する半町村にあり、
ひとつの集落のようになっていたようです。


箕面市瀬川半町周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


瀬川宿跡」。
街道筋は住宅地となっており、
江戸期の家屋は見当たりません。


瀬川宿本陣跡続きを読む