岐阜県」カテゴリーアーカイブ

愛知県犬山市 犬山城①

①/

犬山城は全国12棟しかない現存天守のひとつで、
さらに5つしかない国宝天守のひとつ。
しかも近年、最古の天守とされた丸岡城天守が、
寛永5年(1628)の建造と判明した為、
犬山城の天守が最古の天守となっています。
※天文6年(1537年)又は慶長6年(1601年)。


木曽川と犬山城」。… 続きを読む

岐阜県岐阜市 磐城平藩飛地切通陣屋跡

磐城平藩安藤家飛地として美濃に1万8000石を領し、
これを管理する為に切通出張陣屋を設けています。
切通は古来より交通の要路でしたが、
中山道が開通されてからは立場(休憩所)となり、
茶屋菓子屋、… 続きを読む

岐阜県郡上市 慈恩護国寺

凌霜隊会津戦争後、猪苗代での謹慎を経て、
郡上藩預かりとなって郡上へ戻ってきました。

郡上藩としては脱藩した元藩士ですが、
これの処置にしくじるわけにはいきません。
とはいえ藩内には多くの親族もいることですし、
死罪は躊躇されましたので、投獄することに決定。

赤谷揚屋と呼ばれる牢房に入れられた元凌霜隊士らは、
環境か悪く病人が多発したという。
これに慈恩護国寺の住職らが藩に非道を訴え、… 続きを読む

岐阜県郡上市 郡上八幡城

郡上八幡城は、斎藤龍興家臣遠藤盛数の築いた城で、
盛数は織田信長美濃征伐の最中に死去し、
跡を継いだ遠藤慶隆は、
若干13歳で八幡城の主となっています。

斎藤家が滅びると慶隆は織田家家臣となり、
その後は織田信孝に味方して羽柴秀吉続きを読む

岐阜県大垣市 大垣城

豊臣秀吉の死後に対立した石田三成西軍と、
徳川家康率いる東軍が、関ケ原において戦い、
わずが1日で西軍が敗れた関ケ原の戦い

この戦いでは、はじめ三成は大垣城を本陣とし、
東軍を迎え撃つ予定でした。
しかし三成は… 続きを読む