神奈川県」カテゴリーアーカイブ

神奈川県横浜市 神奈川宿跡

神奈川宿東海道の3番目の宿場町。
神奈川湊の傍に併設された町で、
物資の経由地として栄えていました。
神奈川町青木町の二町からなり、
その境に滝野川が流れています。


JR神奈川駅周辺。青い線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが神奈川宿のあった場所。
※いつもは緑線で街道を表示していますが、
 地図上の色と被るので青線にしました。


西側から散策。… 続きを読む

神奈川県川崎市 川崎宿跡

川崎宿東海道の2番目の宿場町。
宿場の設置当初は住民農民の負担が多く、
問屋場の経営もままならなかったという。
これに名主で本陣も務めた田中休愚は、
六郷の渡しを宿で請け負う許可を取り付け、
住民や近隣の農民の負担を大幅に減らし、
宿の復興と繁栄を齎す基礎を築きました。


川崎駅東口周辺。緑の線が街道筋で、
赤丸で囲んだ辺りが宿場のあった場所。


歌川広重 続きを読む

神奈川県横浜市 明治憲法起草之地

明治憲法の正式な名称は「大日本帝國憲法」。
明治22年2月11日に公布され、
明治23年11月29日に施行。
日本が戦争に敗れ、日本国憲法に改正されるまで、
日本の根本規範とされていました。

その明治憲法の草案の構想が練られた場所が、
横浜市の金沢にあります。

明治憲法起草之處」碑。
明治20年に伊藤博文伊東巳代治、… 続きを読む

神奈川県横浜市 六浦陣屋跡

金沢といえば加賀藩前田家のお膝元ですが、
武蔵国にも金沢という地名があり、
そこに藩庁を置く藩がありました。
※前田家は金沢藩というより、
 加賀藩という方が主流です。
同名の藩というのは結構あり、一般的な地名は、
かぶってしまう事があります。
※備中松山藩/伊予松山藩、
 三河吉田藩/伊予吉田藩など。

武蔵国の金沢藩は武州金沢藩と呼ばれ、
譜代大名の米倉家続きを読む

神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡

安政5年。
日米修好通商条約が日本と米国の間で締結。
同年、英・仏・露・蘭とも条約が交わされ、
そして安政6年6月2日に横浜港が開港。
それに伴って神奈川奉行が新設されて、
神奈川奉行所が設置されます。

外国奉行酒井忠行水野忠徳
村垣範正、… 続きを読む