神奈川県」カテゴリーアーカイブ

神奈川県横浜市 明治憲法起草之地

明治憲法の正式な名称は「大日本帝國憲法」。
明治22年2月11日に公布され、
明治23年11月29日に施行。
日本が戦争に敗れ、日本国憲法に改正されるまで、
日本の根本規範とされていました。

その明治憲法の草案の構想が練られた場所が、
横浜市の金沢にあります。

明治憲法起草之處」碑。
明治20年に伊藤博文伊東巳代治、… 続きを読む

神奈川県横浜市 六浦陣屋跡

金沢といえば加賀藩前田家のお膝元ですが、
武蔵国にも金沢という地名があり、
そこに藩庁を置く藩がありました。
※前田家は金沢藩というより、
 加賀藩という方が主流です。
同名の藩というのは結構あり、一般的な地名は、
かぶってしまう事があります。
※備中松山藩/伊予松山藩、
 三河吉田藩/伊予吉田藩など。

武蔵国の金沢藩は武州金沢藩と呼ばれ、
譜代大名の米倉家続きを読む

神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡

安政5年。
日米修好通商条約が日本とアメリカの間で締結され、
同年、英・仏・露・蘭とも同じく条約が締結されました。
そして安政6年6月2日に横浜港が開港。
それに伴って神奈川奉行が新設され、
神奈川奉行所が設置されます。

外国奉行であった酒井忠行水野忠徳村垣範正、… 続きを読む

神奈川県横浜市 料亭「富貴楼」跡

今も昔も強いなと思う女性は存在します。
不幸な身の上をものともせず、
力強くのし上がっていく。
若い頃に大阪北新地一流クラブでのバイトで、
そのような女性を何人か見ています。

富貴楼お倉もそのような女性で、
6歳で家族が離散してしまい、
新宿品川吉原などで芸者として働き、
明治に入ってからは自分の置屋を開いて、
天下の糸平続きを読む

神奈川県横浜市 生麦事件関連史跡

生麦事件で知られる生麦は、
かつて貴志村と呼ばれていましたが、
2代将軍徳川秀忠の行列がこの地を通行中、
道が浸水して難渋した際、
村人たちが街道脇の生麦を刈り取って道に敷き詰め、
秀忠の行列が通行出来るようにしました。
これに秀忠は感謝して、この一帯を生麦と改名させ、
村人に特別な漁業権を与えたという由来があります。

またキリンビールのビール工場がありますが、
この地を選んだのは全くの偶然ではないでしょうね。

そんな生麦ですが、全国的に有名なのは生麦事件です。… 続きを読む