彦島」カテゴリーアーカイブ

下関市彦島 身投げ岩

壇ノ浦の戦い平家が敗れた為、
平家に仕えたの女官雑仕女達は、
彦島の平家一門の住居跡や、
漁師の家に匿われて潜んでいましたが、
彼女達は源氏の兵士達の格好の餌食となり、
陵辱の限りを尽くしました。
多くは乱暴を受けた後に殺され、
命を助けられた者も自ら命を絶ったという。

彦島老町にある身投げ岩続きを読む

下関市彦島 竹の子島

彦島には竹の子島という小さな島があります。


吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」では、
松陰がここに上陸して視察を行っており、
南風泊から小船で竹の子島に渡り、
壱之台弐之台六之台の台場を巡視しました。


松陰は小船で渡りましたが、
現在は橋が架けられていますので、
車でそのまま上陸する事が出来ます。
※下関駅から直通のバスもあります。続きを読む

下関市彦島 福浦金毘羅本宮

吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」によると、
松陰は嘉永2年7月16日、
引島(彦島)福浦の金毘羅山に登っています。

この金毘羅山に灯籠堂があったそうで、
福浦に来る船の目印とされていたようです。

金毘羅山は金毘羅宮が建立された後の名前で、
富観台とも呼ばれています。
それまでは頭兜山続きを読む

下関市彦島 清盛塚

彦島は京から落ち延びた平家の最後の砦
平清盛の子である中納言平知盛が、
清盛の遺骨をこの彦島に納骨しています。
それが今回ご紹介する「清盛塚」。


清盛塚は小高い丘陵にあり、
民家の路地を抜けて山道に入ります。


竹やぶの道を進みます。


これが清盛の墓石。
長年無銘のまま放置されていましたが、
昭和4年に清盛塚と刻まれたそうです。
何故この石が清盛の墓石ってわかったのかな?
この下に清盛の遺骨が眠ってるんでしょうか?… 続きを読む

彦島について②

彦島には南風泊という場所があり、
南風泊と書いて「はえどまり」と読みます。

ここの漁港は河豚のセリで有名なのですが、
それは置いておいて南風泊という名前。
子供の頃は水揚げされた魚に蝿が止まるから、
ハエどまり」というのかと思ってました。

もちろんそんな事ではなく、
北前船がここを通行するとき、
南風が吹くと進むことができず、
足止めとなってしまい、… 続きを読む