彦島」カテゴリーアーカイブ

下関市彦島 竹の子島

彦島には竹の子島という小さな島があります。

吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」では、
松陰がここに上陸して、砲台の視察を行っており、南風泊から小船で竹の子島に渡り、
壱之台弐之台六之台の台場を巡視しています。


松陰は小船で渡りましたが、現在は橋が架けられており、
車でそのまま竹の小島に入る事が出来ます。


橋から彦島と竹の子島を結ぶ海峡を見る。素朴な漁村の雰囲気が素敵な風景です。
左が彦島で右が竹の子島。奥は… 続きを読む

下関市彦島 福浦金毘羅本宮

吉田松陰の海防視察日記「廻浦紀略」によると、
松陰は嘉永2年7月16日、
引島(彦島)福浦の金毘羅山に登っています。

この金毘羅山に灯籠堂(今でいう灯台)があったそうで、
九州から福浦に来る船の目印とされていたようです。

金毘羅山とはこの山に金毘羅宮を遷座させた為に呼ばれた名前で、
富観台とも呼ばれています。それまでは頭兜山と呼ばれていました。
金毘羅宮ができてからは、… 続きを読む

清盛塚

彦島は、京から落ち延びた平家の最後の砦でした。
清盛の子である中納言平知盛が、清盛の遺骨をこの彦島に納骨しています。
それが今回ご紹介する「清盛塚」です。


清盛塚は小高い丘陵にあり、民家の路地を抜けて山道に入ります。


竹やぶの道を進みます。


これが清盛の墓石だそうです。長年無銘のまま放置されていましたが、
昭和4年に清盛塚と刻まれたそうです。
なんで、この石が清盛の墓石ってわかったのかな?
この石の下に清盛の遺骨が眠ってるんでしょうかね。
神戸や京都にも清盛の墓がありますが、ここに清盛の遺骨があるとすれば、
分骨したのでしょうかね。


清盛塚から福浦湾を望みます。… 続きを読む

彦島について②

彦島には、南風泊というところがあります。
南風泊と書いて「はえどまり」と読みます。

ここの漁港は、河豚のセリで全国的に有名なのですが、
まあ、それはおいといて、南風泊という名前。
子供の頃は、水揚げされた魚に蝿が止まるから、
「ハエどまり」というのかと思ってました。

もちろんそんな事ではなく、北前船がここを通行するとき、
南風が吹くと進むことができず、足止めとなってしまい、
風向きが変わるのを待たなければならなかった為、
南風泊と呼ばれるようになったらしい。


上図のような航路なのですが、元々海流の激しいこの海峡・・… 続きを読む

彦島について①

僕が住んでるのは、山口県下関市の彦島というところです。
簡単に説明すると・・・

赤いとこが山口県で・・・



その山口県の西の端が下関市です。


その下関市の南端が彦島です。
この島は相当細かい地図じゃないと、本州と陸続きになってます。
でも、じつは橋で繋がってるだけでものすごく本州に近いのですが、
陸続きではないのです。
・・で、… 続きを読む