オールコック」タグアーカイブ

神奈川県横浜市 諸外国の領事館跡

安政6年に横浜港が開港されると、
各国の領事館などが設けられるわけですが、
元々横浜は東海道から外れており、
基本的には交通に不便な場所でしたので、
諸外国は東海道沿いの神奈川宿に、
領事館を設けることを幕府に求めました。

領事館には神奈川宿の各寺院が充てられ、
後に横浜が急速に発展するまでに、… 続きを読む

らしゃめん伝吉②

/②

出奔した伝吉の足取りは不明です。

1854年7月(嘉永7年6月)。
伝吉が突如香港に現れ、停泊中のミシシッピ号に現、
合衆国を訪問したいと願い出ました。
伝吉は米国人からは「ダンケチ」に聞こえたようで、
乗船を許すと水夫達は親しみを込めて、
伝助をダンケッチ(Dan-Ketch)と呼びました。

ミシシッピ号でアメリカに渡った後の足取りも謎ですが、
何故か安政6年に英国軍艦「サンプソン号続きを読む

らしゃめん伝吉①

①/

嘉永3年10月。
摂津の廻船「栄力丸」は荷物を江戸に届け、
帰路に浦賀で大豆、小麦、胡桃、鰯粕等を買い入れ、
志摩の大王崎まで進みます。
夜半より雨風が激しくなり、船は西の方角に流されました。
船員達は帆柱を捨て、髪を切って神仏に祈るしかありません。

船は嵐が去った後に東南方向に進みます。
帆柱の無い船は漂流するより仕方ありませんでしたが、
幸いにも積み込んだ積荷のおかげで食料はありました。
栄力丸は約50日もの間漂流を続けます。

漂流を続けていると、異国船らしき船が見えたので、
船員達は必死に叫んで助けをもとめました。
やがて異国船からボートが降ろされ、
漂流から53日目に船員17人全員が救助されました。… 続きを読む