久坂玄瑞」タグアーカイブ

今更ながら涙袖帖③

//③/////

(7)文久2年5月1日(京都より)
三月廿八日四月四日の手帋慥に受取申候
我等も此せつは京都御屋敷の後に住居いたし
佐世楢崎兄弟寺島中谷眞五郎なと同居に候
杉蔵和作彌ニなと追々来り申候面白く楽しき事は
此せつに候併し去月十三日松洞割腹いたし候事は
甚以残念之次第に候松洞方へ手紙出度候得共… 続きを読む

今更ながら涙袖帖②

/②//////

(4)万永元年11月25日(江戸より)
みなみなさまおん障りなふおん事なされ候半と
そんし参らせ候さては先師おん書物着物等
利助見出し候杉蔵かへり候節さしおくり可被下候
蒲團は當分かり申候彌二郎便にまいり候
袷壹枚早速垢衣にきかへ申候
杉蔵紋付壹枚もち参候よしに御座候… 続きを読む

京都府京都市 京都霊山護國神社②

つづき。
/②//

梅田雲浜の碑よりさらに上へ。
長州藩勤皇志士らの墓域に入ります。

長州勤王烈士墓域」。
禁門の変等で殉難した長州藩士らの墓碑。

長州勤王烈士墓域より石段を挟んだ先に、
小さな社殿があります。

山口藩招魂社(右)」と「霊山招魂社」。… 続きを読む

光明寺党の最初の宿泊地はどこ??

白石正一郎日記には、
文久3年4月27日昼。久坂玄瑞率いる30人余の志士が来て、
竹崎の長泉寺に宿泊したいというので、
取り計らったと記されてます。
久坂ら志士達は5月4日まで長泉寺に宿泊し、
細江の光明寺へ転陣しました。この連中が光明寺党

彼等は攘夷戦の急先鋒となるわけですが、
結果は御存じのとおり。

光明寺党は奇兵隊の前身として紹介される事が多く、… 続きを読む