尾張藩」タグアーカイブ

愛知県犬山市 犬山城②

/②

つづき。

大手道を登り黒門跡へ。

黒門跡」。
枡形になっている大手口の門跡で、
この黒門は現在市内の徳林寺に移築現存されています。


針綱神社拝殿」。
黒門を過ぎるた正面が桐之丸跡で、… 続きを読む

愛知県犬山市 犬山城①

①/

犬山城は全国12棟しかない現存天守のひとつで、
さらに5つしかない国宝天守のひとつ。
しかも近年、最古の天守とされた丸岡城天守が、
寛永5年(1628)の建造と判明した為、
犬山城の天守が最古の天守となっています。
※天文6年(1537年)又は慶長6年(1601年)。


木曽川と犬山城」。… 続きを読む

岐阜県海津市 今尾陣屋跡

お亀の方は、美濃斎藤家家臣竹腰正時に嫁ぎ、
竹腰正信を生みますが、すぐに正時と死別。
その後、石川光元の側室となり、
石川光忠を生みますが、お亀は離縁されています。
その後、徳川家康に見初められて側室となり、
家康の八男仙千代(6歳夭折)、
九男… 続きを読む

岐阜県海津市 高須陣屋跡

高須藩尾張藩の支藩。
尾張藩2代藩主徳川光友の次男松平義行が、
信濃に3万石を分与されて高井藩を立藩し、
後に高須に移封されて、高須城跡に陣屋を建設。
藩主家は参勤交代を行わない定府大名で、
四谷に上屋敷があったことから、
四谷松平家続きを読む