山田顕義」タグアーカイブ

東京都文京区 大本山護國寺

護國寺は、5代将軍徳川綱吉の母桂昌院の発願により、
上野国碓氷八幡宮の別当寺大聖護国寺亮賢僧正を招き、
幕領の高田薬園の地を与えて堂宇を建立。
桂昌院念持仏の天然琥珀如意輪観世音菩薩像を本尊とし、
寺領三百石を賜ったことに始まります。… 続きを読む

萩市 楫取素彦旧宅&山田顕義誕生地

「花燃ゆ」で活躍中の小田村伊之助
維新後は楫取素彦と名前を改めております。
その楫取素彦の旧宅跡に行ってみました。

石碑に足を掛けていますが、若干1歳児ですのでお許しください。
ここは時期は明らかではないそうですが、
楫取素彦の旧宅があった場所だそうです。
「時期が明らかではない」って、大まかにもわからないのでしょうかね?
ここに寿と暮らしていたのか?それとも文と暮らしていたのか?
もともとの松島の家なのか?小田村の家なのか?
それとも新しく楫取と称した時なのか?

大河ドラマ効果で綺麗に整備され、東屋まで建てられています。
略歴や周辺地図などが描かれていました。

楫取素彦旧宅跡の近くには、山田顕義誕生地があります。… 続きを読む

「五稜郭を落した男」秋山香乃

連戦連勝の指揮官であった山田顕義
彼が山田市之允と呼ばれていた頃のお話です。
物語は、吉田松陰久坂玄瑞高杉晋作という長州のスターとも言える人物を軸に、
松下村塾の若輩者の山田市之允の戦いを描きます。

秋山香乃は初めて読みました。
どちらかというと、新撰組関連の作品を多く書かれているようですね。… 続きを読む