怪談」タグアーカイブ

青森県むつ市 斗南藩史跡②

/②/

移住した旧会津藩士らは、円通寺を仮藩庁と定めます。
円通寺は恐山菩提寺の本坊という由緒のある寺院。


円通寺」。
斗南藩の逼迫した財政では、
陣屋を建てる事ができなかったのでしょうか?
もちろん仮館となっていますので、
正式な陣屋も建てる予定だったのでしょうが、
結局は廃藩置県まで間に合わなかったようですね。
松平容保続きを読む

謎の剣豪福永正介

下関の福江という場所に福永正介という剣豪の墓がある。
墓石には、
神陰流剣術十二世師 沿革流棒術九世師 福永正介墓
と刻まれています(記事はこちら)。

道端で草刈りをしていた女を斬ったが、その女は死なず、
家に帰って水を汲むために屈んだら、首が落ちた
」。
そんなあり得ない逸話が残されています。

また、… 続きを読む

中山忠光の幽霊

調べれば調べるほど面白いトンデモ公卿中山忠光
失踪するわ、台場造りに参加するわ、
挙兵するわ、潜伏中抜け出すわ、
色々とやんちゃしまくっているわけですが、
死んでもなお「化けて出る」やんちゃぶりを発揮しています。


中山忠光

明治の終わり頃の事。続きを読む

下関市丸山町 つかずの灯篭

高杉晋作像のある日和山公園に、
つかずの灯篭」と呼ばれるいわくつきの石灯篭があります。


日和山公園の「つかずの灯篭」。

「つかずの灯篭」といえば、
香川県の直島にある林の浜の「灯つかずの石灯籠」があり、
石灯篭を作った石工が、その工賃を払ってもらえず(または博打で取られた)、
工賃が無ければ石灯篭の材料代が払えず、
帰るに帰られず、身投げして死んでしまいます。
それ以来、石灯籠に何度火をつけても消えてしまう。
そういう話があります。

日和山にある「つかずの灯篭」も、それに似た話が伝わってます。… 続きを読む

田中河内介と怪談

但馬の医師小森正造の次男として生まれた小森賢次郎は、
幼少から秀才として知られ、武芸にも秀でていました。



天保6年に儒学者志して上京し、天保11年に中山忠能に召抱えられます。
その後、中山家の家臣田中近江介の養子となり田中河内介と名乗り、
中山家の庶務を取り仕切って中山忠愛忠光続きを読む