攘夷」タグアーカイブ

神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡

安政5年。
日米修好通商条約が日本とアメリカの間で締結され、
同年、英・仏・露・蘭とも同じく条約が締結されました。
そして安政6年6月2日に横浜港が開港。
それに伴って神奈川奉行が新設され、
神奈川奉行所が設置されます。

外国奉行であった酒井忠行水野忠徳村垣範正、… 続きを読む

神奈川県横浜市 生麦事件関連史跡

生麦事件で知られる生麦は、
かつて貴志村と呼ばれていましたが、
2代将軍徳川秀忠の行列がこの地を通行中、
道が浸水して難渋した際、
村人たちが街道脇の生麦を刈り取って道に敷き詰め、
秀忠の行列が通行出来るようにしました。
これに秀忠は感謝して、この一帯を生麦と改名させ、
村人に特別な漁業権を与えたという由来があります。

またキリンビールのビール工場がありますが、
この地を選んだのは全くの偶然ではないでしょうね。

そんな生麦ですが、全国的に有名なのは生麦事件です。… 続きを読む

ペリーに相撲を披露する

嘉永7年。ペリーの2度目の来航の際、
ペリーや艦隊水兵らに相撲を披露することになります。

力自慢の力士達30人が艦隊への進物米200俵を運び、
米俵を軽々と持ち上げる力士達に、水兵らは唖然としたとか。
中には8俵を持ち上げた力士もいたとか(ホントか?)。

力士達を動員したのは、ペリーへの牽制の意味もあったとか。
日本にはこれだけ怪力の持ち主がいるんだぞ的な・・。

その後、土俵入りや稽古相撲を行います。
迫力ある相撲のぶつかりには驚いたでしょうが、
ペリーはあまり気に入らなかったようで、
芝居がかっている」「バカげている」と日記に記しています。


フランシス・L・ホークス編『… 続きを読む

日本VSロシア

日本VSロシアといえば、日露戦争を思い浮かべますが、
意外と何度も戦っており、結構な因縁があります。

先の大戦終了後に「日ソ中立条約」を一方的に破って、
満州千島列島樺太に侵攻し占領するという、
火事場泥棒のような非道を行っています。
※その頃はソビエト連邦
千島列島では、占守島続きを読む