新徴組」タグアーカイブ

山形県東田川郡 清河神社

清川御殿林の傍に清河神社があります。


清河神社」。
清河八郎が明治41年に正四位を贈られた際、
地元有志らによって神社建立の動きがあり、
その後の昭和8年に建立された神社。
清河八郎を祭神としています。


回天倡始清河八郎先生」像。
鳥居の傍にある清河八郎の座像で、… 続きを読む

山形県鶴岡市 湯田川温泉(新徴組本部跡)

鶴岡の奥座敷と呼ばれる湯田川温泉は、
山形県内で2番目に古い温泉とされ、
開湯は和銅5年(712)であるという。
出羽三山参り精進落としに利用され、
温泉場として賑わいを見せた他、
庄内藩藩主の湯治場にも利用されたという。


湯田川温泉」。
江戸時代に作成された… 続きを読む

山形県鶴岡市 大督寺(庄内藩酒井家墓所)

庄内藩酒井家の菩提寺大督寺
酒井家次が下総国臼井に転封した際、
酒井家の菩提寺として大信寺を建立し、
高崎への酒井家移封に従って移転。
酒井忠次正室碓井姫が死去した際、
その法号に因み大督寺に改称しました。… 続きを読む

山形県鶴岡市 鶴ヶ岡城跡

戊辰戦争で最強とうたわれた庄内藩
念願であったその居城を訪問しました。

庄内地方は上杉家最上家が奪い合った地で、
豊臣政権時代は上杉領となっていましたが、
関ヶ原の戦いの後に上杉家は米沢に減転封され、
代わって最上家が庄内地方を領します。

最上家は大宝寺城、… 続きを読む