白石正一郎」タグアーカイブ

下関市竹崎町 白石正一郎海門跡地

大歳神社大鳥居から豊前田通りに入り、
5~60m歩いた左手にある「国民旅館 天海」。
この入口に石碑が建てられています。


明治維新豪商 白石正一郎海門跡地」。
白石正一郎海門跡地となっていますが、
白石邸跡は中国電力下関支店のある場所で、… 続きを読む

下関市竹崎町 大歳神社【再訪】

ブログの始めたばかりの平成24年に、
大歳神社の記事を書いていたのですが、
9年ぶりに訪問してみました。


三井住友銀行下関支店の東側が参道で、
その急な石段は115段あり、
一二三のお祓い坂」と呼ばれています。
本来は123段あったようですが、
先の戦時中に2度崩壊しており、
現在は8段不足しているという。


大鳥居」。
文久2年に攘夷祈願として、
白石正一郎が寄進した… 続きを読む

下関市阿弥陀寺町 赤間神宮

初詣で赤間神宮へ。
考えたら赤間神宮の単体の記事って無かったので、
今回記事にしてみました。

赤間神宮は阿弥陀寺という寺院が前身とされますが、
その創建には諸説があり、壇之浦の戦いの翌年とも、
6年後ともされています。
とにかく朝廷の命で安徳天皇の御堂が建立され、
安徳天皇の母建礼門院の乳母の娘がとなり開山。… 続きを読む

榊屋仁作②

/②

文久3年5月16日。
白石正一郎の許に、目明し榊屋仁作から使いが来ます。
今日、藍島から目の下二尺もある鯛が届きました。
 久しぶりに粗酒一献差し上げたいと思いますので、
 ご兄弟揃ってお越し下さい
」との事。
廉作との一件とはうって変わっての様子で、
あまり気は乗らないが、せっかくのお誘いを断っては、
後日の祟りもあろうかと、廉作と2人で馳走に行きます。

攘夷熱の沸騰している下関で、
気の荒い連中が大勢押し寄せてる矢先、
京では目明しが… 続きを読む