[山口県下関市]」カテゴリーアーカイブ

下関市吉田 吉田宰判勘場跡

長州藩では直轄地を宰判という行政区分に分け、
それぞれに代官を置いて地方行政にあたらせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、土木工事や治安維持、裁判などが行われています。
吉田山陽道赤間関街道が交差する要所で、
藩直轄地の最西に位置していた為に宰判勘場が設置され、
美祢郡南西部と… 続きを読む

下関市吉田 常関寺(奇兵隊総督山内梅三郎墓所)

長州藩寄組山内家備後国国人でしたが、
毛利元就に帰属して尼子勢に対抗し、
その後の毛利輝元の代に家臣となりました。
毛利家の防長減封後もこれに従い、
厚狭郡吉田に4905石を与えられており、
以後は江戸時代続きを読む

下関市清末 高林寺(清末藩毛利家墓所)【再訪】

清末藩毛利家の菩提寺高林寺に再訪。


山門」。
天和2年(1682)の創建当時のまま残る山門
安政2年に火災が起こっており、
本堂など他の建造物は焼失しています。
5年前は娘と訪問しましたが、
今回は息子と2人でやってきました。


本堂左側より毛利家墓所へ。


清末毛利家墓所」。… 続きを読む

下関市長府 古串屋

父の喜寿のお祝いを古串屋で行いました。


古串屋」。
古串屋は長府にある老舗料亭で、
高杉晋作乃木希典がこよなく愛したとされますが、
創業は明治4年となっています。
明治4年なら晋作は既にいない筈ですが、
料亭としての操業が明治4年で、
それ以前は料理旅館だったそうな。
晋作がこよなく愛したかはわかりませんが、
乃木に関しては亭主が乃木家と親交があったようで、
母の… 続きを読む

下関市豊前田 晋作通り

山口県最大の歓楽街であるという豊前田
僕はあまり酒が強い方ではなく、
飲み歩くというクセがないもので、
地元ながらそれほど詳しくはないのですが、
その割に若い頃に大阪北新地のクラブで働いていたので、
夜の飲食業の仕組みはある程度詳しかったりします。

高校卒業して就学の為に大阪に出て以降、
平成4年より20年間大阪に在住していたので、
豊前田通りには下関に帰ってから旧友に連れられて、
何軒かの「おねえちゃんのいる店」に行った程度。
上記のように飲み歩くクセがないもので、
豊前田に関しては殆ど知りません。

この豊前田通りはいつのまにか「… 続きを読む