岡山県」カテゴリーアーカイブ

岡山県笠岡市 笠岡代官所跡

備中国笠岡毛利家の支配地域でしたが、
関ケ原の戦い後、長門・周防2国に減封となり、
笠岡は天領となりました。
一時期、福山藩水野家の所領となりますが、
水野家の無嗣改易によって再び天領となり、
倉敷代官所の管轄となります。… 続きを読む

岡山県浅口市 鴨方陣屋跡

岡山藩には江戸期を通して3つの支藩がありましたが、
3藩とも藩庁は置かれず、藩主は岡山城下に居住し、
藩名はどれも「岡山新田藩」でした。

3藩のうちの1つは早期に廃藩しましたが、
他の2藩は廃藩置県まで存在し、維新後に藩庁を置いて、
それぞれ「生坂藩」「鴨方藩続きを読む

岡山県倉敷市 東雲院(生坂藩仮藩庁)

岡山藩の支藩は2つあって、どちらも岡山新田藩
藩は大概が藩庁のある地(国持なら国)の名が付けられます。

新田藩の多くは本藩の蔵米支給で成り立つ藩であり、
実際は「1万石以上」という大名の称号を得るための方便で、
宗家がその分家を諸侯にするため「1万石以上」を与え、
領地を分与して宗家の家格を下げないように、
新田開発によって生じた増益分続きを読む

岡山県倉敷市 岡田陣屋跡

岡田藩は、羽柴秀吉黄母衣衆の一人伊東長実を祖とし、
長実は秀吉の死後に石田三成と敵対。
徳川家康に三成の挙兵をいち早く知らせる功績を挙げ、
これが関ヶ原の戦いの勝利の要因のひとつとなりました。

後の大坂の陣では豊臣方として参戦。
大坂城落城後、関ヶ原での功を鑑みられ、… 続きを読む

岡山県総社市 浅尾陣屋跡

豊臣秀吉の旗本であった蒔田広定は、
父の蒔田広光が死去すると、
その跡を継いで1万石の大名となりましたが、
関ヶ原の戦い西軍に属したために改易。
後に、舅であった大島光義や、
親交のあった浅野行長らの尽力で許されて、
備中浅尾に転封となり、… 続きを読む