兵庫県」カテゴリーアーカイブ

兵庫県明石市 明石城跡②

つづぎ。
/②

東側の登城口から本丸跡へ。

辰巳櫓」。
現存する三重櫓
明石城の本丸には、四隅に三重櫓が建てられており、
その2つが現存しています。


本丸跡」。
築城当時には藩主の住居である本丸御殿が建てられ、… 続きを読む

兵庫県明石市 明石城跡①

①/

明石藩の藩主家は越前松平家の庶流で、
結城秀康の六男松平直良を祖とします。

福井藩越前松平宗家2代で直良の兄松平忠直は、
幕府への反発や乱行が目立った為、
将軍徳川秀忠から強制隠居を命じられました。
越前松平宗家は次兄の… 続きを読む

兵庫県小野市 光明寺(小野藩一柳家墓所)

小野藩一柳家の菩提寺光明寺は、
鎌倉時代後期に建立された臨済宗の寺。
一柳家が小野を藩庁に定めて以降、
菩提寺として藩主一族の位牌が置かれています。


光明寺」。
一柳家の墓所は江戸の祥雲寺で、
外様藩の殆どが自領に墓所を設けていましたが、
小野藩は自領に墓所を設置していませんでした。
※外様諸藩は藩主が江戸で死去しても、続きを読む

兵庫県小野市 小野陣屋跡

豊臣秀吉黄衣母衆であった一柳直末は、
各地を転戦して武功を挙げ、
田中吉政中村一氏堀尾吉晴山内一豊らと共に、
豊臣秀次の宿老に任命されていましたが、
小田原征伐の際に流れ弾を受けて戦死。
一柳家は弟の… 続きを読む

兵庫県加東市 三草陣屋跡

三草藩の藩主家は丹羽家
丹羽家といえば真っ先に丹羽長秀を連想しますが、
三草藩丹羽家は長秀の系譜とは全く別家。
戦国時代の当主丹羽氏次は、
長秀と同じく織田信長に仕えていましたが、
血縁関係はなく本姓も良岑氏清和源氏で違います。
※長秀以前の系譜ははっきりしておらず、続きを読む