群馬県」カテゴリーアーカイブ

群馬県前橋市 光厳寺(館林藩秋元家墓所)

光厳寺秋元長朝上野国惣社に1万石を与えられ、
その領内に秋元家菩提寺として創建したのが始まり。
境内には江戸期の建築物の多くが残っています。


楼門」。
文化年間(1804-1818)建築の朱の唐破風が目を引く楼門
ここからは境内には入れません。


長屋門」。… 続きを読む

群馬県前橋市 龍海院②(伊勢崎藩酒井家墓所)

龍海院酒井雅楽頭宗家の墓所には、
支藩の伊勢崎藩酒井家初代と6代の墓もあります。

前橋藩主酒井氏歴代墓地」。
前橋藩および姫路藩酒井雅楽頭宗家の墓所。
この敷地の片隅に伊勢崎藩酒井家の藩主の墓があります。


下野守従五位酒井忠寛君墓」。
伊勢崎藩初代藩主酒井忠寛続きを読む

群馬県前橋市 龍海院①(姫路藩酒井家墓所)

酒井家松平家および徳川家の最古参の譜代家臣で、
三河国坂井郷出身の豪族であったという。
出自には諸説あって、松平と同族清和源氏とも、
安芸毛利家と同じく大江広元の末裔ともされます。
酒井広親の代に松平宗家に仕え、… 続きを読む

群馬県前橋市 前橋城跡

前橋城の築城は15世紀末とされますが、
正確な事についてはよくわかっていません。
当初は厩橋城と呼ばれ長野氏の居城だったようで、
戦国時代には上杉謙信の関東進出の拠点となり、
上杉家家臣北条高広が城主となります。

謙信の死後、御館の乱に敗れた高広は武田家に下り、… 続きを読む