山形県」カテゴリーアーカイブ

山形県米沢市 憂国志士雲井龍雄遺蹟

奥羽越列藩同盟の奮起を即す為、
雲井龍雄は「討薩檄」を起草しました。
古今数多くある檄文の中でも素晴らしい名文とされ、
その檄文は実際に同盟軍将兵を鼓舞したという。

その雲井龍雄の旧宅跡に碑が建てられています。

憂国志士雲井龍雄遺蹟」碑。
雲井は米沢藩士中島惣右衛の次男に生まれ、
叔父小島才助の婿養子となって… 続きを読む

山形県米沢市 吉田松陰逗留地跡

吉田松陰宮部鼎蔵は、東北遊学の際に米沢を訪れており、
その滞在を記念した碑が旧粡町に建てられています。
※旧粡町は現在の米沢市中央7丁目付近。


吉田松陰旅宿の地」碑。
3月25日七ヶ宿滑津宿続きを読む

山形県米沢市 米沢城跡②

つづき。
/②


上杉神社」。
米沢城本丸跡に鎮座する上杉神社
上杉謙信の遺骸は、鎧を着せて帯刀させて、
甕に入れて漆で密封されたという。
この甕は上杉家の移封と共に移動し、
関ケ原の戦いの後に上杉家が米沢藩に移った際にも、
米沢城の本丸に御堂を建てて安置され、
明治維新続きを読む

山形県米沢市 米沢城跡①

①/

毘沙門天の化身として戦では無敗を誇り、
軍神と称えられた義の武将上杉謙信
米沢藩上杉家はその上杉謙信を藩祖とします。
謙信は生涯不犯を貫いた為に子は無く、
事故で溺死した親戚長尾政景の子を養子とし、
これが後の上杉景勝続きを読む

山形県山形市 出羽国分寺薬師堂

国分寺聖武天皇が仏教による国家鎮護の為に、
国司郡司を発して建立させた寺院。
時代が過ぎて律令体制が弛緩してくると、
官の援助を受けられずに多くの国分寺は荒廃しましたが、
独自に宗派や性質を変えて存続した例も多くあり、
現在もまだ存続し続ける国分寺もあります。

出羽国分寺は現在地とは別の場所にあったようですが、
具体的な出羽国分寺の置かれた場所は不明で、
庄内続きを読む