姫路藩」タグアーカイブ

兵庫県姫路市 姫路藩勤王志士終焉之地

譜代藩であった姫路藩にも尊攘派は存在し、
その首魁であった河合惣兵衛は京にて積極的に活動し、
在京中には三条実美邸に行かない日は無かったほど。

河合ら姫路藩勤皇党は、藩内でも尊攘運動を展開し、
守旧派と対立して攻防が繰り返されていました。
勤皇党は豪商紅粉屋児島又左衛門の暗殺、
天誅組への資金援助などの事件を起こしており、
この事態を重く見た佐幕派の筆頭家老高須広正続きを読む