楫取素彦」タグアーカイブ

幕末下関のフグ事情

下関市といえばフグではないでしょうか?
とはいえ下関に住んでいますが、
毎日のようにフグを食べてるわけではありません。
いくら本場っていっても高級魚には変わりありませんからね。


「下関市内のマンホール」。

このフグという魚ですが、猛毒を持っている事が知られており、
調理を間違えるとその毒で死んでしまいます。
そういうわけでフグを食べる事が禁止されていたのですが、
禁止したのは豊臣秀吉です。… 続きを読む

長門市 桜楓山荘跡

明治期に県令など要職を歴任する楫取素彦(小田村伊之助)ですが、
主である毛利敬親が死去した際、一度隠居しています。
長門の山奥に家を建て、村人に植林開墾を指導して過ごしました。
その際に住んでいたのかこの桜楓山荘跡です。


住居があった場所を示す石碑続きを読む

萩市 円政寺

円政寺は大内氏の祈願寺で、今の山口市円政寺町にありました。
大内氏滅亡後も毛利氏から保護され、
毛利氏が萩へ築城すると同時にこの地に移転してきました。
境内に金比羅社があるためか、入り口には鳥居があります。


この寺の住職恵運伊藤博文の母親(林琴子)が従兄妹だということで、
伊藤(当時林利輔)はこの寺に一年半預けられていたそうです。


境内にはなにやらよくわかりませんが、竹に幕末長州の志士達が彫られています。
手作り感満載で、あまり字も上手くないのが残念です。


境内にある金比羅社の「大天狗面」。… 続きを読む

萩市 楫取素彦旧宅&山田顕義誕生地

「花燃ゆ」で活躍中の小田村伊之助
維新後は楫取素彦と名前を改めております。
その楫取素彦の旧宅跡に行ってみました。

石碑に足を掛けていますが、若干1歳児ですのでお許しください。
ここは時期は明らかではないそうですが、
楫取素彦の旧宅があった場所だそうです。
「時期が明らかではない」って、大まかにもわからないのでしょうかね?
ここに寿と暮らしていたのか?それとも文と暮らしていたのか?
もともとの松島の家なのか?小田村の家なのか?
それとも新しく楫取と称した時なのか?

大河ドラマ効果で綺麗に整備され、東屋まで建てられています。
略歴や周辺地図などが描かれていました。

楫取素彦旧宅跡の近くには、山田顕義誕生地があります。… 続きを読む

防府市桑山 防府紀行②

前回のづづき。
/②/
次は野村望東尼の関連史跡をめぐります。

野村望東尼は、女流勤皇歌人で福岡の人。
多くの志士たちと親交し、高杉晋作が九州に亡命したときには自分の草庵に匿いました。
その罪で島流しに遭いますが、晋作の指示により救出され、下関で匿われました。
晋作の臨終に立会い、時世の句「おもしろきこともなき世をおもしろく」の
下の句「すみなすものは心なりけり」をつけたといわれています。
晋作の死後、防府に滞在中に死去。晋作の死より約半年後の事でした。


「… 続きを読む