毛利家」タグアーカイブ

下関市長府 笑山寺(長府藩毛利家墓所)

長府毛利家初代藩主毛利秀元は、
祖母である乃美大方の菩提寺を建立し、
はじめ妙寿寺と名付けられていましたが、
後に穂井田元清の戒名から笑山寺に改称されました。
※元清の戒名は洞雲寺殿笑山常快禅定門

乃美大方は毛利元就続きを読む

下関市長府 功山寺(長府藩毛利家墓所)

何度も功山寺の記事をUPしていますが、
考えたら藩主家墓所としての記事はありませんので、
今回は藩主家墓所として功山寺の記事を書いてみます。

長府毛利家の菩提寺は3つ。
この功山寺の他に笑山寺覚苑寺があり、
それぞれに長府藩主の墓が振り分けられています。
功山寺には初代毛利秀元の他に、
5代毛利元矩続きを読む

山口県山口市 山口政事堂跡

江戸時代初期より長州藩の藩庁は指月城でしたが、
幕末に攘夷決行に備えて海に面した萩から、
内陸で領地の中心でもある山口に藩庁が移されました。

長州藩が萩を藩庁としたのは幕府の指示であり、
もちろん勝手に藩庁を移すことも、
領内に城を新たに造る事も許されません。
幕府への申告には、萩は下関二田尻続きを読む

下関市清末 清末藩陣屋跡【再訪】

清末に行く事があったので、清末藩陣屋跡に再訪。
市内とはいえ自分の行動範囲とは外れていますし、
これといった遺構があるわけでもない。
なかなか訪問する機会も無いのですが、
気が向いたので、ちょっと行ってみました。

清末藩は、全国で唯一の「孫藩」という立場にある藩です。
長州藩の支藩である長府藩のさらに支藩であったので、
長州藩を親とすれば孫のような立場でした。

全国の他の支藩が分家を作り、
1万石以上を与えた例はありましたが、
幕府に認められた(朱印状続きを読む

大分県佐伯市 養賢寺(佐伯藩毛利家墓所)

佐伯城の三ノ丸櫓門より北へ向かう道は、
歴史と文学の道」と名付けられています。


薬医門」。
家老の土屋家の屋敷跡にある薬医門。
ネットでは城門が移築されたと書かれていますが、
その出典が見つけられない。
初めから家老家の正門としても不思議ではないし、
城門が移築されたといってもおかしくありません。
現在誰が住んでいるかはわかりませんが、
門のみが古くて家は新しいく建て替えられています。


「… 続きを読む