秋田戦争」タグアーカイブ

山形県東田川郡 戊辰之役古戦場官軍墳墓

清川のはずれの県道45号線沿いに、
清河口で戦死した長州藩兵の墓があります。

戊辰之役古戦場官軍墳墓」。
近くには「北楯大堰」という古い水路があり、
最上家家臣北楯利長の開削したものという。
右端の碑は「赤心薫萬古」は… 続きを読む

山形県東田川郡 庄内藩清川関所跡

庄内藩は藩境に五つの関所を設置していますが、
清川口の関所は最上川の往来もあることから、
川口番所」とも呼ばれており、
その往来が最も多かったとされています。 


芭蕉上陸之地」。
松尾芭蕉奥の細道で最上川を下り、
この清川で上陸して… 続きを読む

山形県鶴岡市 大督寺(庄内藩酒井家墓所)

庄内藩酒井家の菩提寺大督寺
酒井家次が下総国臼井に転封した際、
酒井家の菩提寺として大信寺を建立し、
高崎への酒井家移封に従って移転。
酒井忠次正室碓井姫が死去した際、
その法号に因み大督寺に改称しました。… 続きを読む

山形県鶴岡市 鶴ヶ岡城跡

戊辰戦争で最強とうたわれた庄内藩
念願であったその居城を訪問しました。

庄内地方は上杉家最上家が奪い合った地で、
豊臣政権時代は上杉領となっていましたが、
関ヶ原の戦いの後に上杉家は米沢に減転封され、
代わって最上家が庄内地方を領します。

最上家は大宝寺城、… 続きを読む

山形県酒田市 出羽松山城跡

松山城という城は全国に多くあり、
この名の城を藩庁とした藩も多い。
幕末には3つの松山城が藩庁となっており、
そのうちの備中松山城伊予松山城が、
現存天守を残しています。

今回訪問したのはもう一つの松山城で、
区別の為に出羽松山城と呼ばれていますが、
残念ながらこの松山城だけ天守が残っていません。
※もちろん天守が残っている方が稀です。

出羽松山藩庄内藩続きを読む