織田家」タグアーカイブ

奈良県桜井市 慶田寺(芝村藩織田家墓所)

慶田寺は15世紀の創建とされ、
芝村藩織田家の菩提寺となった曹洞宗の寺院。


山門」。
慶田寺の山門は芝村陣屋南門を移築したもの。
正面は水田となっていますが、
それが堀の様な感じになっており、
参道はその水田を迂回しています。


本堂」。… 続きを読む

奈良県天理市 専行院(柳本藩織田家墓所)

専行院の正確な由緒は不明ですが、
町時代末期の開山であるという。
柳本に織田有楽斎の五男織田尚長が入封し、
柳本藩が立藩すると織田家の菩提寺となります。


本堂」。
毎年7月第二日曜日に藩主祭が催され、
東京から織田家当主を招き、
藩主への報恩感謝の法要が行われているという。… 続きを読む

福井県丹生郡 劔神社(織田一族発祥地)

福井県丹生郡に織田という地名があります。
ここがかつての越前国織田荘で、
織田一族の発祥の地とされています。

織田氏は平資盛の庶子平親真を祖とし、
織田荘の荘官または劔神社神官であったとされ、… 続きを読む

山形県天童市 天童陣屋跡

織田信長本能寺の変明智光秀に討たれ、
その嫡男織田信忠二条城で討たれています。

織田宗家の家督は清須会議において話し合われ、
羽柴秀吉の推す信忠の嫡男三法師に決定。
これに信長の次男… 続きを読む

奈良県桜井市 芝村陣屋跡

織田有楽斎は京都で隠遁する際、
自らの所領3万石のうち、
2万石を四男織田長政に、
1万石を五男織田尚長に分与しました。

そのうち四男長政の系譜は、
芝村藩として江戸時代を通じて継続。
※五男尚長の系譜も柳本藩として続いています。


桜井市立織田小学校」。
芝村陣屋跡は、現在の… 続きを読む