愛知県」カテゴリーアーカイブ

愛知県岡崎市 岡崎城

岡崎城徳川家康の生誕地。
家康は3歳で実母と生き別れ、6歳で今川義元の人質となり、
父の松平広忠は謀反によって殺された為(諸説アリ)、
岡崎城は今川の支城となってしまいます。

桶狭間の戦いで義元が討たれると、
家康は岡崎城を取り戻し今川から独立。
後に浜松城に本拠を移すと、
嫡男の松平信康に岡崎城を任せます。… 続きを読む

愛知県西尾市 盛巌寺(西尾藩主松平乗全墓所)

幕末の西尾藩藩主松平乗全の墓所は、
西尾市の盛巌寺にあります。
譜代藩主の墓所が所領にあるのは、
比較的珍しいケースです。


盛巌寺」。
創建は天正18年。大給松平宗家6代の松平家乗が、
祖父で4代当主の松平親乗と、
父で5代当主の… 続きを読む

愛知県西尾市 台嶺殉教之地

西尾市立西尾小学校の南側の住宅地の一角に、
台嶺殉教之地」という場所があります。
殉教」と聞いて連想するのはキリシタンですが、
どうもそうではないらしい。
勿論、殉教はキリスト教独自の言葉ではありません。


西尾小学校南側近辺(台嶺殉教之地の場所)
この場所に西尾藩牢獄があったようです。

ここにある碑は西尾藩のものではなく、
菊間藩続きを読む

愛知県西尾市 西尾城跡

西尾城西尾藩の藩庁。
その創建時期は明らかではありませんが、
松平(徳川)家家臣酒井正親が、
西尾城主であった事までは確認されており、
正親の子酒井重忠の代まで城主であったようです。

その後、徳川家康の関東移封に伴い、
豊臣秀次の宿老田中吉政に与えられました。
関ヶ原の戦い続きを読む

愛知県刈谷市 十念寺(刈谷藩土井家墓所)

刈谷藩土井家の菩提寺十念寺は、
奈良時代に開創された寺院ですが、
具足山という珍しい山号を称しています。
その由来は定かではありませんが、
この山号を称するようになったのが、
室町時代という武家の時代なので、
勇ましい名が付けられたのかもしれません。


名鉄刈谷市駅周辺(十念寺の場所)


十念寺本堂」。
嘗ては広大な寺域を有していた様ですが、
昭和40年代の区画整理事業で、
現在の敷地は1/4程になったとの事。


土井子爵家御廟所 続きを読む