愛媛県大洲市 寿永寺と曹渓禅院

八幡浜市の出張を終えて帰路、もう一度大洲市へ。
毎回、藩庁藩主家の墓はセットで考えておりますので、
今度は藩主家も訪問しようと勇んで再び大洲市へ。

また「いろは丸」購入の不手際で非難され、
責を負って自刃した国嶋六左衛門の墓にも参ってみたいと、
まずは寿永寺へ向かいました。

壽永寺」。
国嶋六左衛門の自刃は、坂本龍馬のダークな一面として、
その英雄的ヒーローに陰を落とします。
彼の遺骸は石灰で腐敗処理が施され、
いろは丸で大洲に持ち帰られ、
この寿永寺裏の墓地に埋葬されました。

慶応2年6月。國嶋は長崎へ鉄砲の買い付けに行きますが、
そこで坂本龍馬や五代才介と知り合います。
国嶋は、五代や龍馬の薦めにより「いろは丸」を独断で購入。
鉄砲を買うより蒸気船で貿易で儲ける方が、
大洲藩の為になるという理由でした。
しかしながら、国嶋は突然謎の自刃を遂げます。

諸説ある中で最も知られるのが、龍馬に騙されたという説。
蒸気船を購入しても海援隊無しでは運用が困難であり、
この事態を知ったて龍馬に騙されたと気づいて自刃したという。
五代と龍馬は国嶋が自刃したのを聞いて駆けつけますが、
龍馬は国嶋の亡骸に対し、心ない言葉を発したとされています。

その後、その蒸気船は大洲藩より海援隊に貸出されており、
龍馬ははじめから国嶋をだますつもりで話を持ちかけ、
海援隊で運用する事を目的だったのではないかという。

また蒸気船の購入で藩守旧派の非難があったとも伝えられ、
それを苦に自刃したともいわれます。

龍馬の話の信憑性については、もう少し調べる必要がありますが、
当時の海援隊の状況からすれば、ありえない話ではありません。
結果的に蒸気船の購入は、海援隊に買ってやったようなもの。
自殺にまで追いつめられるとは思ってなかったかもしれませんが、
自分の部下を食わしていかなければなりませんし、
利用できるものは利用してやろうという気持ちはあったはず。
どちらにせよ後味の良い話ではありません。
最低でも龍馬の薦めで蒸気船を購入したのは間違いないのですから。

・・で、その国嶋六左衛門の墓がこの寿永寺にある筈なのですが、
結局のところ見つかりませんでした。

住職さんが車に乗ってどこかへ向かうところを呼び止め、
場所を教えてもらうと山の上の方だとの事。
「時間があれば一緒に行くのですが、出かけねばならない」
と謝られ、恐縮しながら自分で探しますといって別れ、
山に登ったはいいが全く見つからない。
1時間近く山を散策しましたが、泥だらけになるも見つからす。
時間も無かったので断念してしまいました。

残念な気持ちのまま寿永寺出て、藩主墓所のある曹渓禅院へ。

曹渓禅院」。
曹渓院は初代藩主加藤貞泰が父加藤光泰の菩提を弔うため、
当時の所領美濃黒野に建てたのが始まり。
加藤家の大洲移封に伴い現地に移っています。
ここには、初代藩主貞泰の他、6代泰衑、8代泰武、10代泰済
11代泰幹、そして幕末の藩主13代加藤泰秋の霊廟があります。

・・が、ここも行けず仕舞。
藩主墓所の墓域の門は普段閉ざされており、
お寺の方に頼まないと開けてもらえないらしい。
寿永寺で時間を取られてしまったので時間が無い。
墓域の門を開けてもらったはいいが、
写真撮ってすぐサヨナラじゃ失礼なのでここも断念。
連続で訪問を失敗するハメになってしまいました。

お墓にたどり着けなかったのは今回が初。
僕はしつこい性格なので、見つかるまで探すのが常ですが、
時間との関係で断念せざるを得ませんでした。
史跡訪問も長く続ければ、こんなこともあるのでしょうね。
ああ・・次に大洲に来る事ができるのはいつの事だろう・・。

■関連記事■
愛媛県大洲市 大洲城
 大洲藩加藤家の居城。
広島県福山市 鞆の浦①///
 いろは丸は、紀州藩の軍艦明光丸と衝突して沈没しています。
愛媛県大洲市 新谷陣屋跡
 大洲藩の支藩新谷藩の陣屋跡。

2 thoughts on “愛媛県大洲市 寿永寺と曹渓禅院

  1. 寿永寺

    寿永寺住職です。
    お参りありがとうございました。
    わざわざお越しいただいたのに案内できず申し訳ありませんでした…次回は案内させていただきます。お待ちしております!

    返信
    1. kii 投稿作成者

      >寿永寺住職様
      いえ、お忙しいところを呼び止めてしまい申し訳ありません。
      今度、大洲に行った際は、是非とも宜しくお願いいたします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。