功山寺挙兵」タグアーカイブ

下関市長府 功山寺(長府藩家老三吉家墓所)

長府藩家老三吉家は主席家老細川家に次ぐ次席で、
吉見庭田など1500石を領していました。
※長府藩家老家は他に、三澤家、伊扶家、桂家、
毛利家、田代家、西家。

三吉氏は元々備後の国人で、尼子家大内家に従属しましたが、
大内家が滅ぶと… 続きを読む

下関市長府 維新発祥の地


維新発祥之地」碑。
長府のある碑ですが、
長府を維新発祥の地としている所以は、
維新の発祥が功山寺挙兵だとする事でしょう。
たしかに功山寺挙兵から始まる長州内訌戦の末に、
正義派政権が誕生して幕府との対決に備え、
幕長戦争の勝利によって幕府の威信が崩壊して、… 続きを読む

福岡県北九州市黒崎 五卿上陸地

第一次長州征伐の降伏条件のひとつ「五卿の領外移転」は、
月形洗蔵筑前勤王党の周旋によって大宰府移転が決まり、
実行に移されました。

高杉晋作のクーデターにより、内訌状態の元治2年1月14日。
五卿は馬関を出航し、途中彦島の福浦湾で夜泊。
翌日に黒崎湊に上陸し、そこから陸路で大宰府を目指しました。

晋作は五卿の長州慰留を望んでいましたが、… 続きを読む

山口県山口市 赤祢武人顕彰之碑と鰐石の重岩

功山寺での高杉晋作によるクーデターは、
凡人からすれば一か八かの賭けだったわけで、
周囲から暴挙と言われても仕方がありません。
このクーデターは成功したから良かったのですが、
失敗すれは諸隊は解散、幹部は死罪となります。
組織のトップは、組織の存続させることが最重要であり、
一か八かの賭けで組織を潰すことはできません。… 続きを読む

晋作と西郷は会っていたのか?2

ちょっと前に書いた記事「晋作と西郷は会っていたのか?」に対して、
ブログ「郎女迷々日録 幕末東西」の郎女様が、
アンサー的な記事で色々調べて下さいました。
下記がその記事です。
珍大河『花燃ゆ31』と史実◆高杉は西郷と会ったか?
珍大河『花燃ゆ32』と史実◆高杉晋作伝説の虚実

郎女様も二人は会っている可能性が高いと結論付けられたようですが、
面白い推理をされており、僕はこの推理に納得すると共に、
二人が会っている事を確信した次第です。

郎女様は、西郷と諸隊の会合と、晋作との会合は別件続きを読む