宇都宮藩」タグアーカイブ

岡山県高梁市 備中松山城②

/②

展望台より備中松山城を遠望した後、
そこから高梁市街へ。
高梁市街は山に囲まれた盆地で、
そこを高梁川が貫流しており、
川の両岸に城下町を形成しています。

高梁市街の北側に備中松山城があり、
山城であった備中松山城は、平時には不便な為、
山麓に「御根小屋続きを読む

栃木県宇都宮市 英厳寺跡(宇都宮藩戸田家墓所)

英厳寺は宇都宮藩主戸田家菩提寺でしたが、
戊辰戦争宇都宮の戦いにおいて消失しました。
藩主家の菩提寺ということで、
大規模な寺院だったようですが、
現在は廃寺となって住宅街になっています。

跡地は現在「英厳寺児童公園」となっており、
四方を住宅が囲むという不思議な場所に、… 続きを読む

栃木県宇都宮市 戊辰役戦士墓

戊辰戦争新政府軍に属した宇都宮藩は、
会津城下飯寺村の戦いで長岡藩家老山本帯刀を捕え、
薩摩藩軍監中村半次郎に引き渡しています。
山本は恭順を拒んで斬首されますが、
その死を悼んだ宇都宮藩兵によって弔われました。
また、宇都宮の戦いにおける六道口の戦い続きを読む

栃木県足利市 足利陣屋跡と足利学校

足利市といえば最古の学校とされる足利学校と、
足利将軍家の菩提寺である鑁阿寺ですが、
そこには足利藩という小さな藩がありました。

宇都宮戸田家初代戸田尊次の五男戸田忠時が、
6代将軍徳川家宣御側役を務め、… 続きを読む

文久の修稜②

①/

宇都宮藩が、ます稜墓の修復したのは神武天皇陵
初代天皇であり皇統の祖とされている人物のお墓です。

神武天皇」月岡芳年~大日本名将鑑~。

まずは神武天皇陵がどこなのかという事からスタート。
はるか昔に埋葬された神武天皇の墓がどこなのか?
江戸時代を通じて幾多の学者が捜し求めていました。
古事記」の記述では、 
  「… 続きを読む