幕府」タグアーカイブ

千葉県我孫子市 布佐代官所陣屋跡

徳川幕府の本拠地関八州の直轄領の行政は、
関東郡代によって治められていましたが、
江戸後期に関東郡代は廃止され、
関八州見廻役関東取締出役が置かれました。

しかし幕末の不穏な動きに対応できなくなり、
元治元年の天狗党の乱で関東地方が乱れた事により、
同年に再び関東郡代が設置されています。

その後、関東郡代に代わって関東在方掛が設置され、
上野国群馬郡に… 続きを読む

岐阜県笠松町 美濃郡代笠松陣屋跡

美濃国京都にも近い重要な地域とされ、
織田信長稲葉山城岐阜城と改称し、
天下統一の拠点としています。

この重要な美濃国に有力大名が出現しないように、
徳川幕府は10万石以下の小藩続きを読む

福島県伊達郡桑折町 桑折陣屋跡と半田銀山跡

桑折幕府天領として代官所が置かれ、
領地支配の他、半田銀山の経営が行われていました。

桑折は米沢藩領であったり、会津藩領であったり、
桑折藩が立藩したりと、支配が入れ替わっていましたが、
半田銀山に有望な鉱脈続きを読む

新潟県阿賀野市 水原代官所

水原は江戸初期まで新発田藩の領地でしたが、
延享3年(1746)に幕府天領となり、
水原代官所が置かれました。
幕府は米の安定確保できる地域や、
交通の要所を天領としており、
水原が天領となったのは、その両方を備えていた為。


水原代官所表門」「水原城館 水原代官所跡」碑。
水原代官所は平成7年8月に復元されており、… 続きを読む

神奈川県横浜市 神奈川奉行所跡

安政5年。
日米修好通商条約が日本とアメリカの間で締結され、
同年、英・仏・露・蘭とも同じく条約が締結されました。
そして安政6年6月2日に横浜港が開港。
それに伴って神奈川奉行が新設され、
神奈川奉行所が設置されます。

外国奉行であった酒井忠行水野忠徳村垣範正、… 続きを読む