本多家」タグアーカイブ

愛知県岡崎市 岡崎城

岡崎城徳川家康の生誕地。
家康は3歳で実母と生き別れ、6歳で今川義元の人質となり、
父の松平広忠は謀反によって殺された為(諸説アリ)、
岡崎城は今川の支城となってしまいます。

桶狭間の戦いで義元が討たれると、
家康は岡崎城を取り戻し今川から独立。
後に浜松城に本拠を移すと、
嫡男の松平信康に岡崎城を任せます。… 続きを読む

福島県いわき市 泉藩本多家墓所

譜代藩の大名墓所は、東京にあることが多い。
これは転封が多いからで、
所領に作って遠くに飛ばされたら大変。
それなら参勤交代で必ず行く江戸に作った方が、
非常に合理的だという事です。

もちろん外様大名もそうしているパターンがありますし、
江戸、国元両方にある場合もあります。
大名も江戸滞在が長いわけですから、
江戸で死去するケースも多く、隠居後も江戸暮らしが多い。
実際に遺骸が埋葬されている墓は、
江戸という場合はかなり多いようですね。… 続きを読む

福島県いわき市 泉陣屋跡

泉藩忠勝系本多家の庶流忠以系本多家が治める譜代藩。
奥州の最も南に位置する2万石の小藩でした。

泉藩の忠以系本多家は、本多家主流から遠く、
本多忠勝の長男本多忠政の三男の三男という家柄。
しかしながら賢候が多く、歴代藩主は幕府の要職を努め、
藩政においても改革や倹約などで成果を挙げました。
幕末の藩主本多忠紀も、寺社奉行若年寄続きを読む

三重県鈴鹿市 神戸城跡

三重に1週間ほど出張に行きましたので、
仕事終わりに周辺の史跡に訪問しました。

神戸藩本多彦八郎家支流で、
本多忠恒を藩祖とする神戸藩本多家が治めました。
知行1万5000石ながら、築城を許された城持大名で、
はじめ河内国の西代に陣屋を構えていましたが、
次代本多忠統が神戸に転封となり、以後幕末まで続きました。… 続きを読む