本多家」タグアーカイブ

福井県越前市 龍泉寺(福井藩附家老本多家墓所)

龍泉寺福井藩の附家老越前府中本多家の菩提寺。
応安元年(1368)に越前守護藤原義晴が創建し、
開山の通幻禅師の遺命により、
各地に散った弟子達が輪番制で住職を務め、
これが江戸時代中期まで続きます。
※この輪番制で福井を訪れた住職らは、
 大本山である
続きを読む

福井県越前市 越前府中城跡

御附家老将軍家一族大名となる際、
将軍家の譜代家臣より付けられる家老で、
藩主の教育、藩の運営、幕府との調整を行い、
藩政を担う重要なポジションなのですが、
家老となる事で直参から陪臣へと家格が下がる為、
実に割を食う役割といえます。

このような役割を担う為には… 続きを読む

滋賀県大津市 本多神社

本多神社膳所藩藩主らを祀る神社で、
明治16年に旧膳所藩士らによって建立された神社。
境内は藩主の隠居所であった浜御殿の跡で、
広大な大名庭園を有した御殿でした。


本多神社」。
祭神は初代藩主本多康俊と2代本多俊次続きを読む

滋賀県大津市 緑心寺(膳所藩本多家墓所)

膳所城の初代城主である戸田一西は、
戸田家菩提寺として円通寺を開きましたが、
次代の戸田氏鉄尼崎藩に移封されると、
円通寺は戸田家と共に尼崎に移転します。
代わって膳所藩に入封した本多康俊は、
移転した円通寺の境内を縁心寺続きを読む