桑名藩」タグアーカイブ

三重県桑名市 圓妙寺(松平定良墓所)

松平定良淀藩当時の松平定綱の次男で、
定綱が大垣藩、そして桑名藩に移った後、
死去した事に伴い桑名藩藩主となります。
聡明であったとされ信望も厚かったようですが、
体が弱くて病気がちだった為、
度々有馬温泉に療養に出かけていたという。
そして湯治からの帰路の… 続きを読む

三重県桑名市 照源寺(久松松平家墓所)

徳川家康の異父弟桑名藩初代松平定勝の死後、
2代将軍徳川秀忠の命によって、
定勝の次男松平定行崇源寺を建立し、
※寺名の由来は定勝の法号崇源院殿による。
定勝の遺骸を埋葬して菩提寺とします。
後に定行は4万石加増で伊予松山藩続きを読む

京都府京都市 蛤御門

蛤御門京都御所外郭九門の一つで、
正式名称は「新在家御門」といいます。
蛤御門は通称で御所外郭の火災の際、
通常閉じられていた門が開かれた為、
炙ると開くになぞらえて呼ばれた俗称。
都人の洒落で名付けられたわけです。

この蛤御門は禁門の変の戦端が切られた場所で、
禁門の変は別名蛤御門の変続きを読む

三重県桑名市 箱館新選組隊士の墓を巡る

桑名市内で仕事があり、昼休みを利用して墓参り。
箱館新選組には桑名藩士が多く在籍した事もあり、
周辺には隊士の墓所が点在しています。


桑名市萱町周辺(法盛寺/十年寺/善西寺の場所)


法盛寺」。
西御坊と呼ばれる浄土真宗本願寺派の大寺で、
末寺200ヶ寺を数えるほど栄えていました。


高木家之墓」。
神戸四郎(高木貞作)の墓。
桑名藩士高木貞烈の次男として生まれ、
藩主の御小姓役を勤めています。
戊辰戦争続きを読む

三重県桑名市 顕本寺(服部半蔵墓所)

服部半蔵といえは伊賀衆を率いた服部半蔵正成が有名ですが、
この半蔵という通称は当主が代々受け継いで名乗っています。

昭和60年に放送された千葉真一主演の「影の軍団Ⅳ」で、
15代目服部半蔵が影の軍団を率い、
幕府と対立するという話がありましたが、
もちろん実際にはそんな事はしていません。

一般的に服部半蔵として知られる服部半蔵正成の死後、
その嫡男である服部正就が半蔵の名を継ぎ、
伊賀同心続きを読む