庄内藩」タグアーカイブ

鹿児島県鹿児島市 南洲墓地/庄内士族の墓

南洲墓地にある庄内士族の墓。
薩摩藩江戸藩邸焼き討ちしたり、
戊辰戦争新政府軍を苦しめた庄内藩ですが、
敗戦後は比較的軽い処分となりました。
これは西郷隆盛の意向によるものとして、
以後の庄内では西郷を敬愛する者が多く、
西郷が下野して… 続きを読む

東京都台東区 谷中霊園/酒井玄蕃墓所

鬼玄蕃と恐れられた酒井玄蕃了恒の墓。


故荘内藩大夫酒井君之墓」。
庄内藩第二大隊大隊長酒井玄蕃了恒の墓。
了恒は酒井吉之丞家当主酒井了明の長男で、
長沼流兵学指南秋保政右衛門に学び、
剣術にも長けていたとされていますが、
漢詩を詠んで書を嗜んだ他、… 続きを読む

山形県東田川郡 戊辰之役古戦場官軍墳墓

清川のはずれの県道45号線沿いに、
清河口で戦死した長州藩兵の墓があります。

戊辰之役古戦場官軍墳墓」。
近くには「北楯大堰」という古い水路があり、
最上家家臣北楯利長の開削したものという。
右端の「赤心薫萬古」は… 続きを読む

山形県東田川郡 清河神社

清川御殿林の傍に清河神社があります。


清河神社」。
清河八郎が明治41年に正四位を贈られた際、
地元有志らによって神社建立の動きがあり、
その後の昭和8年に建立された神社。
清河八郎を祭神としています。


回天倡始清河八郎先生」像。
鳥居の傍にある清河八郎の座像で、… 続きを読む

山形県東田川郡 庄内藩清川関所跡

庄内藩の藩境には五つの関所がありましたが、
清川口の関所は最上川の往来もあることから、
川口番所とも呼ばれており、
その往来が最も多かったとされています。 


芭蕉上陸之地」。
松尾芭蕉奥の細道で最上川を下り、
この清川で上陸して出羽三山続きを読む