山口市」カテゴリーアーカイブ

山口県山口市 小郡宿跡

小郡宿は古くからの山陽道の宿場町で、
山陰道の追分でもあった為、
交通の要所として長州藩から重視され、
宰判勘場も置かれていました。


小郡周辺。緑の線が西国街道
北側の青い線は山陰街道となっており、
三ッ辻が起点(終点)となっています。
赤丸の周辺が宿場のあった場所。
残念ながら宿場跡は開発されて面影は無し。… 続きを読む

山口県山口市 常栄寺

井上聞多が総督を務めた鴻城隊は、
長寿寺から常栄寺に本陣を移したとされます。
ただ常栄寺は当時、現在の洞春寺の場所にあり、
藩庁から山口に移転する文久3年に、
移転して現在地にあった妙寿寺と合併。… 続きを読む

山口県山口市 隊中様 宮野政助の墓

明治3年に発生した奇兵隊脱隊騒動では、
藩の軍制改革に不満を持つ諸隊士達が、
山口藩議事館を包囲しましたが、
この騒動に対して木戸孝允は討伐軍を編成し、
武力を持って騒動を鎮圧しています。

騒動の指導的立場の諸隊士ら35名は、
捕らえられて処刑されていますが、
犠牲となった彼らを憐れんだ郷里の人々は、
彼らを「隊中様」と呼んで敬い、
その出身地の各地に墓が建てられました。

今回訪問したのはその中のひとつで、… 続きを読む

山口県山口市 御茶屋跡/山口宰判勘場跡

藩主の領内巡視などに使用された御茶屋は、
各地の街道沿い温泉地に置かれ、
他藩や幕府使節迎賓にも使用されました。
山口にも当然御茶屋は置かれています。


山口市中川原町周辺(山口御茶屋跡の場所)
御茶屋は亀山の麓の一の坂川続きを読む

山口県山口市 小郡宰判勘場跡/御茶屋跡

長州藩は直轄地を宰判という行政区に分け、
代官を置いて行政にあたらせていました。
宰判には勘場と呼ばれた役所が設けられ、
租税徴収、治安維持、裁判等が、
行われています。


小郡宰判勘場跡/御茶屋跡」。
小郡宰判勘場には御茶屋が併設され、… 続きを読む